代表的なインジェクション・チューニングの方式

Pocket

ハーレーのインジェクション・チューニングにはいくつかの方式があり、コストや効果が変わってくる(詳しくはカスタムガイドを参照)。

①フルコン
燃料制御専用のコンピューターを車載コンピュータの他に追加し、O2センサーもワイドバンドに交換する方式。

②車載コンピュータ書き換え方式
ハーレーの車載コンピュータでは空燃比や空気充填率などのマップ(回転数とアクセル開度に応じた噴射量を制御)を内蔵しているが、4輪車によくあるROM交換を行わなくても、電気的に書き換えが可能な方式を取っている。
この書き換えを行うデバイスが必要で、ハーレーではこの方式が現在は主流で様々なデバイスが利用できる。パソコンが必須のスーパーチューナーや、液晶で行うパワービジョン、スマホで行える Fuelpak FP3など。

③サブコン方式
車載コンピューターの外側に燃料の調整を行うデバイスを追加して制御する。燃料の補正はサブコンで行う。

④エンリッチナー
O2センサーとECMを接続するカプラーを外して接続する。
O2の信号を変えて、“まだ薄い”という信号に変えてECMに送る事で燃料を濃くする。ECMはO2センサーの信号を反映していない時もあり(アクセル全開時など)、効果は限定されるが通常走行時には効果を実感できる。