アフターファイアー

Pocket

マフラーやエアクリーナーを交換して空燃比が薄い状態になると、アクセルを戻した時に“パン、パン”とマフラーで音がしたりする。
アフターファイアーと呼ばれる現象で、スロットルを戻した時に燃料を減らして薄い状態にしているが、マフラー交換やエアクリーナー交換でシリンダーの吹き抜ける混合気が増え、しかもシリンダー内で燃焼するには薄すぎるので、高温のエキパイ内で燃焼してしまう事による。
(アフターファイアーはエアクリーナーから吹き返して爆発するバックファイアーという危険な現象とは異なる。)
アフターファイアーは全閉状態の低い回転数で出る“ポンポン”といった 軽いものであればあまり気にしなくてもよいが、“パン”と大きな音を出す場合はライダーも気になってしまう。インジェクションチューニングを行って薄い状態を改善してやるとアフターもあまり出なくなる事が多い。
さらにアフター用の対策をインジェクション・チューニングで行える事もある(方式やチューナーのスキルにも依存する)