ハーレーカスタム&用品 hd-parts.jp

sハーレーカスタム&用品 hd-parts.jp

ハーレーのパーツ・部品をお求めやすく。
カスタムでより楽しいハーレーライフを。

営業時間 10:00〜18:00
年中無休(年末年始を除く)
購入可能商品から探す 全商品から探す
ハーレーパーツSALE

ハーレー用 エアクリーナー

ハーレー エアクリーナー イメージ

  • エンジン部のセンターに鎮座するエアクリーナー、こちらの選択一つでエンジン部の雰囲気はガラリと変わり、適切な燃調を行えば吸気効率が大きく向上するのでしっかりとパワーアップします。

  • 近頃では、より吸気効率の向上を図った正面吸気が追加されたタイプや、内部の構造や動作が見えるスケルトンデザインのエアクリーナーが流行している。

  • 合わせてマフラーの交換や燃調を行う事でハーレーのエンジン本来のポテンシャルを発揮することができます。

  • 定期的な洗浄を行えば繰り返し使えるので、長期的なコストパフォーマンスの高さも注目ポイント。

ハーレーの車種から探す

現在登録されている商品はありません。

取り扱いメーカーから探す

  • アレンネス(Arlen Ness) エアクリーナー

    アレンネス(Arlen Ness)

    アレンネス(Arlen Ness)のエアクリナーはどれも性能が高く、ハーレーに合わせてデザインされています。
    ステージIキットはスクリーミンのキットと互換性があります。Inverted シリーズは吸気性能が過去最大級の性能です。

  • スクリーミンイーグル(Screamin Eagle) エアクリーナー

    スクリーミンイーグル(Screamin Eagle)

    ハーレー純正のスクリーミンイーグルブランド。
    ノーマルのカバーを流用してハイフロー仕様にできる「ステージ1」シリーズと、キノコ型の「HEAVY BREATHER」シリーズがあります。本体の他にもトリムやメダリオンなどのアクセサリーも充実しています。

  • パフォーマンスマシン エアクリーナー

    パフォーマンスマシン(Performance Machine)

    ホイール、キャリパー等も人気のあるパフォーマンスマシンのエアクリーナー。
    フェースプレートが別売なので、デザインのバリエーションも豊富です。

  • ローランドサンズデザイン エアクリーナー

    ローランドサンズデザイン(Roland Sands Design)

    パフォーマンスマシンをベースにデザインされたエアクリーナー。
    クローム・ブラック・コントラストと豊富なラインナップに、 各種レインソックスやフェイスプレートも用意されています。

  • S&S エアクリーナー

    S&S

    ハーレー用エアクリーナーで大人気のS&S。エンジンも手がけるメーカーで、品質にも定評があります。
    特にティアドロップ型は定番アイテムでずっと人気のアイテム。黒ツヤなしカバーも弊社独自にリリースしています。

  • TBR(Two Brothers Racing) エアクリーナー

    TBR(Two Brothers Racing)

    スポーツ性の高い2in1フルエキで有名になってきたツーブラザーズ・レーシングがプロデュースするハイフローエアクリーナー。
    個性的でユニークで、そしてスポーティなエアクリーナーです。

  • V&H(Vance&Hines) エアクリーナー

    V&H(Vance&Hines)

    ハーレー用マフラーで圧倒的な存在感のバンス&ハインズのエアクリーナー。
    フィルターは高性能かつ信頼性の高いK&N製を使用。

  • LA Choppers(LAチョッパーズ) エアクリーナー

    LA Choppers(LAチョッパーズ)

    ハンドルやケーブル、ライザーなどを手掛けるLAチョッパーズのエアクリーナー。
    独特なデザインがハーレーに似合います。

  • TRASK(トラスク) エアクリーナー

    TRASK(トラスク)

    バガーカスタムのトラスクがリリースのエアクリーナー。内部のスロットルが見える迫力ある作りです。

  • TAB Performance(タブ・パフォーマンス)エアクリーナー

    TAB Performance(タブ・パフォーマンス)

    マフラーなどのパフォーマンスパーツが得意のTABパフォーマンス。ユニークな形状かつハイパフォーマンスなエアクリーナーを製造しています。

  • クリアキン(Kuryakyn) エアクリーナー

    クリアキン(Kuryakyn)

    クロームパーツに定評のあるクリアキンのエアクリーナー。
    特許機構の「ハイパーチャージャー」をはじめ、独特のデザインが揃っています。

  • K&N(ケーアンドエヌ) エアクリーナー

    K&N(ケーアンドエヌ)

    エアクリーナーの内部で使用されているフィルターの製造メーカー。
    性能が高く、スクリーミンもアレンネスもRSDも全てこのメーカーのフィルターを採用しており業界ナンバーワン。
    ハーレー用のエアクリーナーも販売している。

  • DKカスタム(DK-CUSTOM)エアクリーナー

    DKカスタム(DK-CUSTOM)

    DK-Customは、独特のデザインで人気があります。
    他には無いユニークなデザインのエアクリーナーがあります。

ハーレーダビッドソン用エアクリーナー 人気ランキング

  • Arlenness MonsterSucker 乾式エアクリーナーキット Deep Cut ブラック
    Arlenness MonsterSucker 乾式エアクリーナーキット Deep Cut ブラック
  • S&S ティアドロップ エアクリーナーセット クローム
    S&S ティアドロップ エアクリーナーセット クローム
  • Arlen Ness Drift Invertedエアクリーナー ブラック
    Arlen Ness Drift Invertedエアクリーナー ブラック
  • RSD スポーツスター用タービン エアクリーナー ブラック
    RSD スポーツスター用タービン エアクリーナー ブラック
  •  アレンネス Stage-I エアクリーナーKIT ベベルド(Synteticフィルター)ブラック
    アレンネス Stage-I エアクリーナーKIT ベベルド(Synteticフィルター)ブラック

燃調について

インジェクション車でエアクリーナーやマフラーを交換する際に気がかりなのが燃調です。
よくある質問やおもな燃調デバイスをまとめました。

状態 ノーマルエアークリーナー ハイフローエアクリーナー
ノーマルマフラー ×(不要) ◯(必要)
北米仕様マフラー △(場合により) ◯(必要)
スクリーミンマフラー △(場合により) ◯(必要)
社外メーカー製マフラー ◯(必要) ◯(必要)

△…燃調なしで問題の無いケースが多いです。 多少バックファイアが出る事がありますがエンジンが壊れたり大きく調子が崩れる事は通常ありません。
○…燃調を行ったほうが良いです。 燃調を行えばより多くの空気と燃料を完全燃焼できる為、トルクが上がり燃費も悪くなりません。

スーパーチューナー ハーレーダビッドソン社製

スーパーチューナー

車載コンピュータを直接書き換えるハーレー純正モジュール。アイドリングや進角度などの細かな設定も可能。

>>詳しくはコチラ

パワービジョン DYNOJET製

パワービジョン

チューニングで有名なDYNOJET社が販売しているインジェクションチューニングデバイス。
液晶でセッティングできるのでどこでもセッティングができる。
ワイドバンドO2センサーを使用するオプションも有り、パワーを追及する人にお勧め。

>>詳しくはコチラ

フューエルパックFP3 バンス&ハインズ社製

フューエルパックfp3

機能はスーパーチューナー同等以上と、スマホで本格的なインジェクションチューニングができる。
価格もリーズナブル。日本語説明書を用意してあり、電話サポートも行っているので安心できる。

>>詳しくはコチラ

エアクリーナーについての豆知識

抜けの良いカスタムマフラーには、吸気効率の良いハイフロー・エアクリーナーを装着すると、更なるパワーアップが期待できる。 吸気と排気をバランス良くカスタムする事が大切である。 ハイフローのエアクリーナーに変えて インジェクション・チューニングをしっかりと行うと確実にパワーアップする。 エアクリーナーは各社から様々なデザインのものがリリースされている。 バックプレート(エアクリーナー後方のプレート)ごと交換でき、デザインも多様。

・湿式のエアフィルター

エアクリーナーの写真を見ていると、フィルターが赤だったり青だったり白だったりする。 赤色の場合は湿式のエアフィルターで赤いオイルを付けているから。 新品には出荷時にメーカーでオイルを塗布してあるので、最初から赤いが洗浄すると赤い色は無くなる。 青色も同様です。 ハーレー用のハイフローのエアフィルターの多くは湿式でクリーニングした後で専用のオイルを塗布する。 清掃した後や交換フィルタで塗布していないと赤くならない。 ※ちなみにオイルを塗る目的は、細かい埃などを吸着させるため。 湿式は雨天時にレインソックスを使用し水の侵入を防ぐ必要性があります。

・乾式のエアフィルター

乾式のエアフィルターもある ハイフローのエアクリーナーでもオイルを塗布しない乾式の物もある。 違いはフィルターの素材。 湿式のハイフローエアフィルターは素材にコットンを使用している。 コットンを細い金属線でサンドイッチしてある。 コットンは繊維の間にすき間ができるので専用オイルで細かい埃を吸着させる。 乾式のハイフローエアフィルターでオイルを塗布しない物もある。Synthetic(シンセティック素材:化学繊維)とステンレス素材を使用し医療用と同等の精密な造りで均一な隙間を実現し、ホコリだけを通さない構造になっている。 シンセティック素材は繊維が細く、多くの繊維を網目状にしてあるので細かい埃も通さず、エアフローは増大する。 雨の水も通さないのでレインソックスも不要になる(実際には多少の水分は吸い込まれるが、燃焼し問題ない)。 オイルを塗布しないので、色は通常ステンレスのシルバー色が目立つ感じになる。 乾式は水が浸入しないのでレインソックスは不要というメリットがあります。 ソフテイルのエアクリーナー・カスタム/カスタムガイドより抜粋。