NIGHTSTER / ナイトスター

NIGHTSTER / ナイトスター

待望のツインサスモデルがカムバック、お帰りなさいスポーツスター。

レーシーでマッシヴなスポーツスターSの兄弟車として、ツインサスモデルのNIGHTSTERが発表された。

スポーツスターSと比較してみると、975ccという排気量や細くなったタイヤ・高くなった最低地上高等、ガッシリと路面に食い付くように走るスポーツスターSとは相反して、ヒラヒラと高い旋回性能で走れるスポーツモデルとなっている。

2022 ナイトスターのスペック

ナイトスターのカスタムパーツはコチラ↓

ナイトスター(RH975)のパーツ

排気量 ccRevolution Max 975T
975 cc
ホイールベース mm1,545
減速比6段
12.21 / 9.022 /6.994 / 5.641/ 4.731 /4.131
総重量 kg221
タンク容量 ℓ11.7フロントフォーク径 mm41 mmSHOW デュアルベンディングバルブ従来型フォーク
最大トルク (Nm)/(rpm)95 Nm / 5.750rpmボア×ストローク mm97 × 66
オイル容量 ℓ 4.5 圧縮比12.0:1
全長 mm2,250 レイク(°) /トレール mm30 / 148
全高 mm最低地上高 mm110
全幅 mmタイヤサイズ(前)100/90-19 57H
主要装備オールLEDヘッドランプ
4インチアナログディスプレイ
タイヤサイズ(後)150/80B16 77H

メーカーページはコチラ↓

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

NIGHTSTER / ナイトスター-2

思わず飛び乗りたくなる後ろ姿。

伝統に重きを置いたストラットやフェンダー・ツインサスペンションを見つめると、安堵感を感じてしまうのは筆者だけだろうか。

クラシカルな外観といっても、選択式のライドモードや様々な先端テクノロジーが詰め込まれた車両である事に違いは無く、ハーレーダビッドソンの伝統と感性を現代的にブラッシュアップされた魅力的なモーターサイクルとなっている。

NIGHTSTER / ナイトスター-3

Instrument of Expression

メーカーページ内で公開されている動画、Instrument of Expression内では、複数名のビルダーさんがカスタム車両を公開していただが、日本のカスタムビルダーとして、

HIDE MOTORCYCLE 富樫 秀哉さん

により手掛けられたされたカスタム車両が公開されていた事は、とても衝撃的でシビレた

  

ハーレーダビッドソンが、如何にカスタム=自己表現というカルチャーに重きを置いているか、肌でしっかりと感じる事の出来る内容だった。

余談だが、斯く言う筆者の愛車もHIDE MOTORCYCLEさんの車両なので、とても誇らしい。

  

ナイトスターを筆頭に、これからもハーレーダビッドソンのカスタム熱が冷めることは無いと確信した。

   

ナイトスターのカスタムについて

現在、専用パーツのアナウンスは少数確認出来ており、商品掲載し次第こちらのカスタムガイドにて順次オススメパーツのご案内をしてゆく。

エアクリーナーのカスタム

ハーレーダビッドソンよりナイトスター用のエアクリーナーが発売されたのでご案内しよう。

一瞬目を見紛ったが間違いない。

ファ…ファンネルだと…

エアクリーナーの発売第一号がベロシティスタックタイプとは何とも玄人好みのチョイスではないだろうか。

やはりナイトスターはパーツのチョイスもひと味違う。

シンプルな構成でありながら、取り付けた時の存在感・インパクトは本当に目を見張るモノがある。

一言で表すなら「格好良い」だろう。

筆者がナイトスターを所有していたならば、飛びつきたくなるカスタムパーツだ。

商品はコチラ↓

【純正】 ハーレー Nightster ベロシティースタック エアインテークキット ロウアルミ Screamin Eagle

シートのカスタム

ナイトスターはメーカーからのパーツ発表も早い。

これはハーレーダビッドソンが如何にナイトスターへ注力しているかが判るポイントだ。

弊社をご利用いただいたているユーザーからご要望やご質問をいただく事が多い、リーチ・ソロシートが発売された。

リーチ・ソロシートというのは…

着座位置がハンドルに近寄り、先端形状が絞られているのでフットコントロールは近くなり、足付きが良くなるというスグレモノだ

ハーレーダビッドソンの車両自体は基本的にアメリカの方向けの車両となっているが、今回発売されたナイトスターや旧スポーツスターシリーズがハーレーの他モデルよりもコンパクトなサイズ感という事も有り、日本人の様な小柄な男性(筆者含む)が多かったり、女性のユーザーにもファンが多い。

そんなナイトスターにリーチ・ソロシートが先行販売されるという事は、ハーレーダビッドソンがアメリカのユーザーだけでは無く、世界中のスポーツスターファンに、ナイトスターという新しい車両を心底楽しんでもらいたいという本気度の表れではないだろうか。

そんなナイトスターにリーチ・ソロシートが先行販売されるという事は、ハーレーダビッドソンがアメリカのユーザーだけでは無く、世界中のスポーツスターファンにナイトスターという新しい車両を楽しんでもらいたいという事の表れではないだろうか。

商品はコチラ↓

【純正】 ハーレー RH975 Nightster リーチ・ソロシート

   

ナイトスターのシートカスタムはしっかりと痒い所に手が届いていると言える。

というのも、ハーレーユーザーはタンデムを楽しまれる方も非常に多い。

ナイトスター発表の際にソロシートを見た方で、腕組みをして「タンデムについては発売待ちか…」と項垂れた方も少なくないはずだろう。

安心してください、発売されましたよ!

座面は大きめでタンデムベルトも付いているので安心だ。

縁部分のステッチもしっかりとしているので、耐久性も高いだろう。

純正ともなると、やはり取り付け後の全体的なシルエットも美しいので、ナイトスターのカスタムイメージも纏めやすいだろう。

商品はコチラ↓

【純正】 ハーレー Nightster パッセンジャーピリオンシート

   

HD-PARTS.jpの歩き方&メンテナンスパーツについて

初めてのハーレーがナイトスターとなる方も沢山いると思う、HD-PARTS.jpの歩き方などを説明していこう。

こちらではメンテナンスパーツに関する適合アナウンスを確認し次第、順次メンテナンスパーツをご案内していく。

まずは、思い描くカスタムを再現するパーツを吟味の最中には、様々な葛藤や不安を抱く事もあるかと思う。

例えば…

  • パーツの取り付け方や手順等に関しての不安。
  • 製品のサイズや仕様、海外メーカー製品への不安や疑問。
  • 車両への適合や類似製品についての不安や確認。

こういったことがあれば、ハーレーのパーツ専門店 HD-PARTS.jpのサポートチームへ是非ご相談していただきたい。

専門知識を持ったサポートチームが販売商品について、電話・メールによるサポートを日々全力で行っている。

サポートはコチラ→HD-PARTS.jpのサポート

WARNING

このようなトリッキーなライディング方法についてのご案内出来ないのでご注意願いたい。

Please note that we are unable to provide guidance on such tricky riding methods.

メンテナンスパーツ掲載準備中・しばらくお待ちください。