スポーツスター XL883C / XL1200C

Pocket

b1200c

XL1200C

Harley Davidson スポーツスター XL883C, XL1200C の特徴

ファットカスタム代表スポーツスター。日本独自仕様もあり。

プルバックされたハンドルと一体型のライザーが特徴的。ハンドルやライザーを交換する時は注意が必要だ。

ファットなイメージのスポーツスター。エンジンはクロームで輝いている(XL1200C)。

2013年からスポーツスターXL1200CのバリエーションでXL1200CA LimitedとXL1200CB Limitedの2車種が投入され、カラーやハンドルなどのバリエーションが増えた。XL1200CAとXL1200CBは本国にはない日本独自の仕様車。

XL1200CXL1200C
スポーツスターカスタム

XL1200CA LimitedXL1200CA Limited

XL1200CB LimitedXL1200CB Limited

XL1200Cをカスタムするなら

  1. フェアリング
    roadcaptain2aツーリング用にウインドシールドが欲しくなるが、ツアラーと同様のバットウイング・フェアリング(こうもりが羽を広げるデザイン)が個性的で面白い。
    意外とリーズナブルなコストで装着ができる。
    写真は Road Captainという名前のフェアリング。
  2. エンジンガード
    linbarXL1200C ”カスタム”という名前なので、カスタムに仕上げたい。そこでLINBARのエンジンガードがお勧め。個性的なデザインで、ハイウエイペグ機能も持つ。
  3. シート
    widetripperXL1200Cはタンクもシートもどちらかというと重いイメージ。シートを軽快なデザインでしかも乗り心地もよいMustang社のワイドトリッパーに交換する。イメージがかなり変わり、乗り心地が良いまま足付も良くなる。
    長距離を走るならバックレスト付もよいかも。
  4. エンジンカバー
    chrome-coverクロームメッキパーツの多いXL1200C。どうせならエンジンや車体各部のクロームカバーにも凝りたい。

XL1200CA Limitedの1200Cとの違い

  1. ハンドル
    1200Cより一文字に近いハンドル
  2. ホイール
    1200Cのスポークと異なりキャストホイールを履く
  3. エンジン
    1200Cのクロームからブラックに変わる

XL1200CA Limitedの1200C

XL1200CA Limitedの1200Cとの違い

  1. ハンドル、メーター
    アップハンドル(エイプハンドル)が付く。ライザーも異なり、メーターも通常の場所に戻されている。
  2. ステップ
    フォアコンになっている。

XL1200CA Limitedの1200C