2019年以降のフューエルキャップ問題について

早速だが、フューエルキャップの問題についてご案内しよう。

表題では2019年以降と記載はしてはいるが、こちらはあくまでも参考時期となる。

下記にてご案内する詳細を、所有されている現車と照らし合わせて確認していただきたい。

※商品ページ上に適合記載を行っているカスタムフューエルキャップは問題無くご利用いただけます。

   

HD-PARTSでは以前より...

「前から持っていたフューエルキャップが買い換えた新しい車両に取り付けが出来無いっ!」

等のご相談をいただくことが間々ある。

   

大概の場合は、車体側のタンク内部のキャップ部分とネジ自体のピッチ変更が原因となって取り付けが出来ないのだ。

また、こちらについては正確な型番変更が無いので、恐らくランニングチェンジ扱いとなっているようだ。

それでは、画像を確認しながらご案内していこうと思う。

    

M8ソフテイルでは、タンクキャップにベントとリングが無い状態、ツーリングとスポーツスターでは刻印がR090/R091と記載されている上記の様な状態となっていると、古いタイプのフューエルキャップが取り付け出来ないので注意して欲しい。

また、ダイナの記載もあるので驚いている方もいるかと思うが、タンクの修理の際等に補修部品としてタンク内のキャップ交換を行うと、新タイプのキャップとなる場合がある。

従って絶版車や旧年式の車両でも注意する必要があると言える。

※一部カスタムフューエルキャップを除く。

※新ピッチタイプののキャップは旧いタンクにも付きます。(逆は不可)

実際の写真でも確認してみよう...

   


・M8ソフテイルの場合

※参考画像は2022 FXBBSになります。

画像の様に タンク給油口のリングとタンクカップサイドのベントスリットが無い物が新タイプのタンクキャップとなっている。

・ツーリングやスポーツスターの場合

※参考画像は2006 スポーツスター

刻印はR9/03となっているので旧仕様。
タンクカップ(近年のモデルはタンク給油口にカップがついています R090・R091の刻印があるものが新タイプとなる。

少し判断が難しいというのであれば、こちらの情報も参考にしてほしい。

新ピッチの純正タンクキャップには末端に切り欠きがある。

新ピッチのキャップは旧いタンクにも付きます。
※逆は不可
(ソフテイルとスポのキャップで確認済み)

フューエルキャップとは恐らく一番簡単に取り付けが出来て、しっかりカスタム感を楽しめるパーツだが、

フューエルキャップの形状はあくまで「ネジ」となっている。

ピッチや径が異なれば、取り付ける事は出来ないので注意しよう。