スポーツスターにウインドシールドを装着する

Pocket

スポーツスターにウインドシールドを装着する場合、マウントをフロントフォークに取り付ける物と、ハンドルにマウントする物に分かれる。
大型のウインドシールドはだいたいフォークマウントである。

フォークマウント・ウインドシールド

フォークマウント・タイプ イメージウインドシールドの多くはフォークにマウントするタイプ。
メーカーによりフォークマウントの形状は異なる(左はナショナル・サイクル)
この部分の機構により、ウインドシールドをワンタッチで取り外せるようにしている物が多い。
ちなみに、最近のスポーツスターはフォークチューブの径が39mmが多い(旧車では35mm)。
問題は車種により左右のフォーク間の幅が異なる事でウインドシールドの適合が変わってくる事。
スポーツスターは伝統的に幅の狭い”ナローグライド”だったが、最近は幅広のタイヤを履く為にフォーク幅が広くなっている車種がある。

2016以降、XL1200Xのフロントフォーク径は49mmとなったので、39mmのフロントフォークを装着するスポーツスター用のウインドシールドは適合しない。

ナローなフォークのXL883N, XL1200VナローなフォークのXL883N, XL1200V

ワイドなフォークのXL1200X, XL1200CワイドなフォークのXL1200X, XL1200C

デタッチャブル・ウインドシールド

フォークマウントの場合、ウインドシールドの種類によっては簡単に取り外し可能なデタッチャブルタイプがある。
”今日は風を感じて走ろう・・(キザ・・)”と気軽に外す事ができる。

winds-memphis

メンフィスシェードのマウント

ハンドルマウント・ウインドシールド

handle-mountハンドルマウントタイプはステーでハンドルに固定する。
ハンドル径は通常1インチだが1.25インチの
ファット・ハンドルに交換している場合は適合に注意する。
ハンドル固定タイプは通常はワンタッチでは外せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)