GRADIATORウインドシールド XLスポーツスター用

Pocket

ナショナルサイクルのコンパクトなウインドシールド、GLADIATORを紹介したい。
取付は簡単で、フロントフォークでもハンドルでもなく、ハンドルのトップブリッジと変わっている。

gladiator

クランプのボルト4本

クランプのボルト4本

まず、ハンドルバークランプのボルト4本を外す。

このボルトを外すとハンドルバーが動いてしまうので、作業中はハンドルバーをもとの位置で支えている必要がある。

フュエルタンクにも、傷つき防止のためにタオルなどをかけておくのがおすすめ。

クランプを合わせたところ

クランプを合わせたところ

続いて、キットに付属のウインドシールド用クランプをハンドルバークランプに合わせ、外した4本のボルトで共締めする。

ブッシュ2個も付属しているので、これは手前側(タンク側)の2ヵ所でクランプ同士の間に挟み込む。

クランプが固定できたら、シールド本体を取り付ける。

取り付けるパーツの図取り付けるパーツの図

横から見たところ横から見たところ

クランプをしっかり締めて作業完了です

クランプをしっかり締めて作業完了

シールドがついたら、ハンドルバーの角度を確認し、ボルト4本をしっかり締め込んで完成。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)