スパークプラグを交換する

Pocket

スパークプラグは言うまでもなく点火のかなめのパーツ。
プラグの色を見れば適正な燃焼状況かが判ったりもする。

プラグの周り

プラグの周り

スパークプラグ交換前にプラグの周りを掃除する。

緩めて外します

緩めて外す

プラグワイヤーを外してからプラグレンチ、もしくは5/8ディープソケットを使用してプラグを緩める。ある程度緩んだら手でプラグを回して外せる。プラグを外した後、プラグホールから内部にゴミが入らないように注意する。

プラグとギャップ

プラグとギャップ

次に新しいプラグを用意する。

プラグゲージがあれば、プラグのギャップを測る(ギャップ値は下の表を参照)。かじりつき防止剤をネジ山部分に薄く塗る。この時にスパークする部分には付着しないように十分注意すること。

モデル プラグタイプ プラグギャップ(ミリ)
XL 6R12 0.96~1.09
XR 10R12X 0.81~0.97
TWIN-CAM 6R12 0.96~1.09
締め込みます

締め込む

新しいプラグを手で回して締める。
この際にプラグホールのネジ山を痛めないように十分注意する。プラグを手で締め込んだあと、プラグレンチ、または5/8ディープソケットでさらに少し締め込む。最初からレンチで回してはいけない。

このときトルクを掛け過ぎないように十分に注意する。ハーレーの推奨トルク値は16.3~24.4Nm。

感覚で絞める時は、手で廻らなくなってからレンチに変えて1/4回転程度でカチッと止まればそれでOK。ネジ山がおかしくなっていると中途半端な廻り方をする。

プラグワイヤーを差し込みます

プラグワイヤーを差し込む

ブラグの装着が完了したら、プラグワイヤーを差し込む。カチっと音がするまでしっかり差し込みむ。

その後、エンジンが正常に掛かるか確認する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)