ツアーパックを交換する、取り付ける

Pocket

ツアーパックを交換ツーリングモデルでは、ウルトラなど標準でツアーパックを装備した車両があります。
ロングツーリングでの積載、ショートツーリングでの収納で便利だが、カスタムにより更に使いやすくしたり、ライトなどの装備も可能。

FLHXなど標準でツアーパックが搭載されていない車両にツアーパックを搭載する事もできる。

  1. ツアーパックとツアーパック用ラゲッジラック
    ツアーパックには大きく分けて3種類の大きさ(高さ) があるが、ウルトラ等に標準で搭載されてくるのは、一番大きいキングツアーパック。
    他に、CHOPPED(中)、RAZOR(薄)、がある。一番薄いRAZORツアーパックはスタイリッシュでカッコイイが、やはり収納力に欠ける。しかし、バランスを保ちやすく重量もそんなに無いので気軽に装着出来る。
    荷物が入りきらない場合は、ラックを付けて箱の上に積むことも可能。
    しかも、ただラックを付けるだけでなく、見た目にもカッコイイラックがたくさんリリースされている。 さらに付けたラックにLEDを付けて視認性を高めたりと、実用性も共に向上する事ができる。
  2. 視認性を高める
    視認性を高めるには、ブレーキ/テールランプキット:67932-1167931-11もお勧めしたい。 LEDのライトで明るいうえ、ブレーキにも連動していますので視認性も高い。ただしランニングライトを点灯させると車検には通らなくなる。
  3. さらに視認性を向上させる
    この2点のライトを付ければ後ろからの視認性も向上するが、さらにサイドからも視認性を向上する サイドマーカー2040-03482040-0346もリリースされている。
  4. バックレストとしても機能
    ツアーパックはパッセンジャーのバックレストも兼ねている。 パッセンジャーが快適に乗車できるよう、バックレスト、スピーカー、アームレスト等もリリースされている。
    CHOPPEDツアーパックは、小さめのチョップドバックレストを選択することもできる。RAZORツアーパックはチョップドバックレストのみ。共にスピーカーポッドは装着出来ない。
  5. デタッチャブル機能
    箱付きの車両を買ったけど、「HXのようなスッキリとしたスタイルもいいなー!」の声に対応した、 デタッチャブルのベースもリリースされている。
    単独でフラッと走りに行くときは外して、軽快に。大事な人を乗せて走るときは箱を付けて快適に。
    そのようなことも、 デタッチャブルに変えれば簡単に実現できる。
    また、中に入れた荷物を守るライナーやオーガナイザーなどもある。
  6. 2014以降モデルの適合について
    2014以降モデルに社外のリーズナブルな~2013用のツアーパックを装着するには、ツアーパックラックを~2013用を装着すれば取り付け可能。
    実は~2013用を2014以降モデルに問題なく装着できる。ただ厚みのあるシートの場合多少干渉する可能性がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)