シェルター型バイクカバー(バイクガレージ)

Pocket

組立式のガレージもある。通常のバイクカバーに比べて利点が多い。バイクカバーだと雨のあと内側が 結露し、それがハーレーにも付いてしまう。風が吹くとカバーが車体に擦れてしまう。しまうのも被せるのも 以外と面倒など・・

簡易型バイクガレージだとそういった欠点がなくなる。カバーに鍵をかけれるのでハーレーと両方にかけて おけばセキュリティ上も有利。重い(約30KG)のと固定的に場所を取るのが欠点だが一度取り付けてしまえば あとは便利に使える。

バイクシェルターツーリングモデル用バイクシェルターツーリングモデル用
通常サイズもあり

屋内保管用バイクカバー

ガレージにハーレーを入れてても意外と埃が付いてしまう。屋内用カバーを使うと軽量で、塗装にも傷つきにくい素材が使用されている。

bcover04プレミアムコットン・屋内用カバー ツーリングモデル用

持ち運び型バイクカバー

通常のカバーはかさ張るのでツーリングに持って行くのは抵抗がある。 そこで、ハーフカバーを検討したい。かさ張らず軽量でツーリング先で使用できる。

バイクシェルターツーリングモデル用ハーフカバー シルバー (Kuryakyn製)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)