スカル・フロントアクスルナットカバー(ハーレー)

Pocket

フロントアクスルナットカバーは車種やデザインにより取り付け方法が異なる。

車種により、付属のパーツをすべて使わない場合もあるので、注意が必要。

このページではウィリーG.スカルデザインのカバー(43163-08A)の取り付け方法を記述する。

’07以前ダイナ、ツーリングモデル、’06以前ソフテイル

スペーサーのカバーの向き

スペーサーのカバーの向き

付属のスペーサーをアクスルナットとアクスルシャフトに入れ、9時の方向に隙間がくるようにする。

続いて、スカルの向きが垂直になるようにカバーをいれる。

カバーにはそれぞれ2ヵ所のネジ穴がるので、付属のイモネジ(約0.6mm)を入れ、均等に締め込んで固定する。

VRSCモデル、’07以降ソフテイル、’08以降ダイナ、ツーリングモデル

このモデルでは付属のスペーサーは使用しないので、カバーを直接アクスルナット・シャフトに被せる。

それぞれ2ヵ所のネジ穴に、付属のイモネジ(約0.6mm)を入れ、均等に締め込んで固定する。

’08以降XLモデル

スポーツスターの場合もスペーサーは使用しないので、カバーを直接取り付ける。

XLモデルのナット側は図中2番のネジ穴のみ使用します

XLモデルのナット側は図中2番のネジ穴のみ使用

固定の際はネジ穴をすべて使わず、アクスルナット側は車体寄りのネジ穴に長いイモネジ(約0.9mm)を1本だけ入れて固定する。

アクスルシャフト側は短い方のイモネジ(約0.6mm)を両方のネジ穴に入れて固定する。

完成!

完成!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)