組立型シーシーバー

Pocket

  1. シーシーバーの種類(1): ワンピース・シーシーバーと組み立て式・シー シーバー
    シーシーバー(Sissy Bar) には一体型の”ワンピース・タイプ”と組み立て型の物がある。
    ワンピース・タイプは形状が固定され、適合する車種も少ない。一方の組み立て型は横を固定するサイドプレート上に伸びるアップライト背もたれ部分のパッド、の3種類のパーツを組合わせる。
    組合わせるので高さを選べたり、パッドのデザインを選べたりする利点がある。
  2. シーシーバーの種類(2): リジッド・シーシーバーとデタッチャブル・シーシーバー
    シーシーバーには、ワンタッチで取り付け、取り外しが可能な”デタッチャブル” タイプと、ネジで取付けてワンタッチでは取り外せない”リジッド”タイプがある。デタッチャブル・シーシーバーはサイドプレートのドッキングポイントと組み合わせる部分に回転するラッチがある。

    デタッチャブル・タイプは、車体にドッキングポイントという機構を組み付けておくので、計4点のパーツが必要となる。
    一方のリジッドタイプはフェンダーストラットの固定ボルトを抜いてシーシーバーを固定ネジで共締めする。

組み立て式シーシーバー イメージ組立式のシーシーバーは横を固定するサイドプレート上に伸びるアップライト背もたれ部分のパッドの3種類のパーツが必要になる。
デタッチャブルタイプでは、さらにドッキング・ハードウエアも必要になる。
(写真は一番低いミニタイプ)
※下は組立式シーシーバーの参考例です。

◆必要なアイテム

ラウンド(丸)バーを使用したラウンド形状のものと、スクエア(四角)バーを使用したもの、そしてバーは、ラウンドで上部がテーパー状になっているものがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)