デタッチャブル・ドッキングハードウエアキット(’04~スポーツスターXL)

Pocket

デタッチャブル(ワンタッチで取り外せる)タイプのシーシーバーやラゲッジラックを使用する際に必要なドッキングハードウエアキットです。

ハードウエアキットに差し込むところ

ハードウエアキットに差し込むところ

ドッキングハードウエアキットは左右2ヵ所ずつに取り付け、シーシーバーなどのサイドプレートの受けになります。

プレートが差し込まれる黒い部分がドッキングポイントで、これはシーシーバーなどを取り外しているときも車体に残ります。

<取り付け>

まずフェンダーストラットのボルトを外します。

※左右2ヵ所ずつなので4ヵ所ありますが、1ヵ所ずつ作業していくのがおすすめです。

ナット(後ろ側はクリップナット)はフェンダーの裏側にありますので、ローダウンしている車両など、フェンダー裏に手が入らない場合は、ジャッキアップする必要があります。

また、外れたナットで他のパーツを傷つけないよう注意します。

ボルト2ヵ所

ボルト2ヵ所

前側:ボルト – ドッキングポイント – フェンダー – ナット(裏側) の順

後側:ボルト – ドッキングポイント – フェンダー – クリップナット(裏側) の順

ドッキングポイント取り付け

ドッキングポイント取り付け

ドッキングポイントは前側が幅の狭いもの、後側が幅の広いものを使用し、メッキ部分の幅が狭い方がフェンダー側です。

後側・前側のドッキングポイントとボルトの向き

後側・前側のドッキングポイントとボルトの向き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)