どのようなマフラーがあるか?

Pocket

ハーレー純正の北米マフラー

日本仕様より音量がやや大きい。内径が日本仕様よりも大きく性能も若干差がある。が、音量は期待したほどは変わらないと感じる人が多い。
アメリカでもノーマルの北米マフラーに飽き足らず、スクリーミンやその他のマフラーに交換する人が圧倒的に多い。 パンチアウトと言って北米マフラーに貫通する穴を開けて音量を上げる方法があるが、いくら穴を開けても音量も音質も満足できないケースが多い。静かな住宅地で近隣に気を使う人がチョイスする。
ノーマルとあまり変わらない音量だが、北米マフラーでも車検は通らないと思われる。

スクリーミンイーグル・マフラー(ハーレー純正カスタム・マフラー)

Screamin’ Eagle (スクリーミンイーグル)というブランド名のマフラーがハーレー純正のカスタムマフラー。 “スクリーミンイーグル“はハーレーがレースで使用しているブランド。 アメリカでも非常に人気が高く、ノーマル(北米仕様)マフラーからスクリーミンに変える人が多い。 特徴は、品質が良く、音量も大き過ぎず丁度良い、という事。日本でも圧倒的に人気がある。
マフラー内にしっかりとバッフル(音量を落とす部分)が入っており、排圧(排気を押し戻す力)がかかるので、低速トルク が落ちる事もなく、ノーマルよりもパワーが出る。コンピューターチューニングは特に行わなくても大丈夫。
ただし、エアクリーナーをハイフローに変えた場合は、チューニングを行った方が良い。

スポーツスター用のスクリーミンイーグルマフラー80503-07 / 80726-09A
スポーツスター用のスクリーミンイーグル・ マフラーで一番人気。スラッシュダウンと呼ばれるデザインで横からみて斜めになっているのが特徴。音量はやや大きめだが、社外のマフラーに 比べるとうるさ過ぎるというほどではない。後ろ側のマフラーには Screamin Eagleのロゴが入る。
80503-07 スクリーミンイーグル・マフラー スラッシュダウン

スポーツスター用のスクリーミンイーグルマフラー80416-06
上色側のマフラーに”Haeley Davidson”のロゴが入る(Screaminではない)。80503-07より」やや静か。
この位が丁度良いという人も多い。 弊社ショールームで音を聞けます。 デザインは80503-07に良く似ている。内部の前方に触媒が入っている。環境にやさしい設計。
80416-06 スクリーミンイーグル・マフラー スラッシュダウン

スポーツスター用のスクリーミンイーグルマフラー80412-04
バロニーカットの横向きデザイン。 音量は 80416-06よりさらに静か。北米仕様マフラーと同じ(実はUSAでForty Eight装着マフラーそのもの)。近隣に気を使う人向け。マフラーのロゴはHarley Davidson
80416-06

社外マフラー

社外(ハーレー製造以外)には多くのメーカーがスポーツスター用のマフラーを製造しており、様々なマフラーを選択できる。Vance& Hines (バンス&ハインズ)などマフラー専業メーカーもあり、多くのデザインのマフラーから選ぶ事ができる。マフラーにより音量も音質も異なる。音量はスクリー ミンイーグルより大きめの物が多いが、オプションの消音バッフルで音量を抑えれるマフラーもある。消音バッフルは必ず装着したい

  1. Cobra(コブラ)マフラーの例 |RACE PRO TIPS スポーツスターシリーズ
    コブラのマフラーはこのシリーズで品質が良くなった。元々やや厚めの鋼板を使用して重低音が出る事で有名だったメーカー。
    音もデザインも良い。音量は大きいがオプションの消音バッフルに交換すれば丁度良いレベルになる。
  2. Rush(ラッシュ)マフラーの例

    ラッシュのマフラーは購入時にバッフルのサイズを選べる。バッフルの内径が細くなれば音量も下がり、排圧もかかるので低速トルクがでるようになる(実は音量の大きいマフラーにすると低速トルクが落ちる事が多い)。バッフルサイズに一番小さい1.75インチを指定してもスクリーミンより大きい音量になる。そ れよい大きいとさらに音量が上がってしまう。(バッフルは後で交換する事もできる)
    実際には1.75インチ(内径約4cm)のバッフルを加工してスクリーミンと同程度まで音量を落とした消音バッフルがお勧め。
    デザイン的には派手さはないものの、スラッシュダウンだとカスタム感がある。さらにアピール度の高いスラッシュアウトも選択できる。 ブラック・カスタム用にブラックのマフラーとエキパイ・シールドも用意されている。
    2004~2013対応マフラーと2014用マフラーが用意されている。
    音質も低くてUSAでも人気があり、多くのハーレーユーザーが使用している。

  3. Vance& Hines(バンス&ハインズ)ショートショット(ShortShot)マフラー

    バンスのマフラーは日本でも一番人気。このマフラーはデザインで選ばれる事が多い。軽量で低音も迫力がある。
    何よりスポーツスターによく似合う。
    フルエキなので、交換にはエキパイも外す必要がある。 音量はかなり大きめ。必ずオプションのクワイエットバッフルを入れる事。バッフルを加工(穴を半分くらいふさぐ)して静かにすれば丁度良い音量になる。
    実は日本向けにリリースされた Super Quiet Baffleという音量を抑えたバッフルがあり、それがお勧め。

  4. バンス&ハインズの“クワイエットバッフル”

    音量を30~40%くらい落とす事ができる。それでもまだ音量は大きすぎという人が多い。音量があまり大きく無い方が良い人には Super Quiet Baffle(21912) の方がお勧め。

スポーツスター、ノーマルマフラーの音

スポーツスター用スクリーミンイーグルマフラーの音

スポーツスター2014 RUSHマフラー【 ノーマル】と【+消音バッフル】の音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)