スポーツスターのヘッドライト・カスタム

Pocket

ブラケットやハウジングをクロームにする

ブラケットは通常アルミのポリッシュなので、これをクロームにすると、クロームカスタムにはぴったり。
ハウジングも黒塗装からクロームに交換する事ができる。

クロームのヘッドライト・ブラケットクロームのヘッドライト・ブラケット純正でカスタム用にリリースされている。

クロームのヘッドライトハウジングクロームのヘッドライトハウジング
ハウジングをクロームにするとヘッドライトの印象も異なってくる。

クローム・ヘッドライトカバーカットアウトクローム・ヘッドライトカバーカットアウト

トリムリングを交換する

トリムリングを交換すると印象がだいぶ変わってくる。交換は容易だ。

クリアキンのLEDトリムリングクリアキンのLEDトリムリング

ヘッドライトトリムリングヘッドライトトリムリングノーマルのリングより前後に厚い純正カスタムのリング。

バイザースタイルのトリムリングバイザースタイルのトリムリング 上部が前に出ている純正のカスタム・トリムリング。ブラックはハーレーからリリースされていないので、 黒塗装品を用意してある。ウインカー用の同形状のバイザートリムリングもある。

ヘッドライトをOn/Offできるようにする

現在のハーレーは常時点灯でヘッドライトはいつも点けっ放し。走行中は点灯が必要だが、メインテナンス 時等エンジンをかけない状態でも点けっ放しなのでバッテリーに負担が大きい。 そこで、常時点灯ではなくするデバイスがある。内部にはリレーがあり、最初にメインSWをONにしても ヘッドライトは点かないが、ハイかロー側に押すと点灯し、その後は付きっぱなしになる。

ヘッドライト 常時消灯 スイッチヘッドライト 常時消灯 スイッチ(B1M モトイージー)

装着は簡単。ヘッドライトのコネクタを外して割り込ませる。装置は小型でヘッドライト裏に収納するが、XL1200Xなど 小型のシェルを使用している車種は加工するか、ライトの外側に置くなどの対策が必要。

ヘッドライトをLEDに変える

LEDに変えるととても明るい。白色で圧倒的に明るい。
消費電力は約1/10で電球のように簡単に切れたりしない。
おまけに、LEDヘッドライトは通常の電球に比べて存在感がある。

="LED ヘッドライトXL/VROD/FXST/ダイナ他

ヘッドライトトリムリングハーレー純正のLEDヘッドライト交換時にはヘッドライトの照射向きを交換前と合わせる事。

LED ヘッドライト・ハウジングLED ヘッドライト・ハウジングハウジングが狭い車種はLED装着でハウジングの交換が必要になる事がある。

LEDのヘッドライトに変えると車検に通るか心配する人もいる。
純正のLEDヘッドライトならば車検は問題ない。しっかりと光軸調整すれば機械のチェックは問題ない。

他社製品は、Lowでは明るいが、Hiで光量量が足りなく、車検に通らないものも一部あるようだ。

ヘッドライト全体を変える

ブレッド型のヘッドライトに変えると個性的なルックスになる。
スポーツスターの場合は、上からつり下げの車種が多いのでマウントは注意する事。

カスタムブラケットを使用する

Joker Machine のライト・ブラケットJoker Machine のライト・ブラケット

セパハンによく似合うブラケット

カスタムのブラケットを使用すると、ノーマルとはかなり異なる雰囲気に仕上がる。
特にセパハンに変えた時は交換するとしっくりくる。

補助ライトを付ける

補助ライトを付けるとヘッドライトだけでは光量が足りない時や霧の時などに重宝する。 補助ライトにも明るいLEDタイプがある。純正の補助ライトの他にクリアキンのドライブライトなどがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)