ブレーキ&クラッチレバーをカスタムする

Pocket

クロームのレバーに変えるとハンドル廻りが一層輝く

各社からさまざまなデザインのレバーがリリースされている。レバーとハンドルの間隔が調整できて握り易い位置に調整可能なタイプもある。レバーが遠くて力が入りにくいと感じている人にお勧め。

交換には、レバーを留めているピボットピンの下側に付いているスナップリング(リテイニングリング)を取り外す。スナップリングプライヤーという工具を使用する。

ブレーキレバーは、スナップリングとピンを外すと外れる。クラッチレバーは、クラッチワイヤーの調節ナットとゆるめてから外す。調節ナットはラバーのブーツ内にある。

"ROLAND SANDS DESIGNレギュレーターレバーセットROLAND SANDS DESIGNレギュレーターレバーセット
(レバーの位置を調整できる)

クリアキン ブラック・ゾンビー・レバークリアキン ブラック・ゾンビー・レバー
ブラック車にはブラックのレバーが似合う

スナップリングプライヤースナップリングプライヤー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)