ハーレー グリップ交換(ケーブルスロットル)

Pocket

グリップを変えると握りやすさが変わる。
ノーマルの真っ黒なグリップからクローム調にグリップに変えると気分も変わってくる。
以下、グリップの交換方法の概要です。参考まで。

※以下はケーブルスロットル車での説明です。(ハーレーのグリップには通常のケーブルスロットルの他に一部車種で採用の電子スロットルがあります)

まず、タンクの上にスクリューや工具などが落下する可能性があるので、タンクにタオルなどをかけておく。

<右側>

スロットル&アイドルケーブル

スロットル&アイドルケーブル

スロットル&アイドルケーブルアジャスターを目いっぱい絞める。

ハウジングのスクリューを緩めてはずす

ハウジングのスクリューを緩めてはずす

続いて、スイッチハウジングの上下のスクリューを外す。

太鼓に注意

太鼓に注意

この状態で、スロットル&アイドルケーブルを外す。

この時、ワイヤーの先端に付いている太鼓を失くさないように注意する。

ケーブルが外れたらグリップを外し、まわりをパーツクリーナーなどで掃除しておく。

きれいになったらハンドル部分にグリスを塗布する。

グリップを入れてハウジングを固定

グリップを入れてハウジングを固定

新しいグリップを差し込み、スロットル&アイドルケーブルを元に戻す。

続いて、スイッチハウジングのスクリュー2点も締めこむ。

この時、スイッチハウジング内部の配線をどこかに噛ませないように注意すること。

右側完成

右側完成

グリップが装着できたらスロットル&アイドルケーブルを調整する。

<左側>

左側スイッチハウジングのスクリュー

左側スイッチハウジングのスクリュー

続いて、左側のスイッチハウジングの2カ所のスクリューを外す。

左側のグリップを外したところ

左側のグリップを外したところ

続いてグリップを外すが、左側はボンドで固着していて取り外しにくい場合が多い。

外れにくい場合は、パーツクリーナーを使い、ノズルをグリップとハンドルバーの間に差し込み、噴射します。

左側のグリップは、イモネジで固定するタイプと、ボンドで固定するタイプがある。

ボンドで固定するタイプは、差し込むとすぐに固まってしまうものもあるので、塗布する前にグリップを差し込み固定位置を確認します。

左側も完成!

左側も完成!

グリップが固定できたら、スイッチハウジングの2カ所のスクリューを締め込みます。

右側同様に、スイッチハウジング内部の配線を噛ませないように注意する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)