ハーレーのフットペグを交換する

Pocket

ハーレーのペグ(足を乗せる部分。日本車ではステップ?)を交換する。
作業は簡単だが、初めての人には判りにくいポイントがある。

harley-footpeg標準装備のフットペグは多くの車種でリテイニングリング(C型クリップ)で固定されている。
(写真の一番下のC型のリング)
このリングを外すにはスナップリングプライヤーという工具が便利。無い場合はラジペンやドライバー等で取れないこともないが、このサイズのモノが勢いよく飛んでいくと探すのに苦労する。
無くなってしまった・・・という人は意外と多い。
また、入れる時には工具がないと大変である。
C型クリップの上に映っている平型バネは基本的に錆びるので、ペグを交換するときは、潤滑油をしっかり塗るか、メッキのボルトキットの購入がお勧め。
ダイナなどのいくつかの車種はリングではなくボルトとナットで固定されている。スナップリングプライヤーを使用しなくて済むので、出先でも基本的な工具があればOK。整備性が上がる。

ring01この工具は足回りなどに使われているので、工具箱に準備しておくのがお勧め。

フットペグを取り外すには、まずこのボルトもしくはリテイニングリングを取り外す。
リテイニングリングは下側からリングプライヤーを差し込み、リングを広げて取り外す。工具で広げすぎると形状が元に戻らなくなるので、注意する。

シャフトを引き抜きます

シャフトを引き抜く

次に、ペグを固定しているシャフトを引き抜き、ペグを外す。

間から出てくるワッシャー

間から出てくるワッシャー

シャフトと、間に入っているスプリングワッシャー(平型バネ)は再使用するので、保管しておく。

新しいペグを固定(リングの場合)

新しいペグを固定(リングの場合)

新しいペグをペグサポートに入れ、ワッシャーを元の場所に戻して穴の位置を合わせる。

ボルト+ナットの場合

ボルト+ナットの場合

位置があったら、固定ピン+リテイニングリングまたはボルト+ナットで固定する。

ライダー用とパッセンジャー用、左右とも取り付け方法は同じ。

繰り返しとなるが、リングプライヤーを使用する際は、リングを広げすぎないようにご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)