2016年モデル スポーツスターと過去のモデルとの違い

Pocket

2016年スポーツスターと過去モデルとの違い

スポーツスターカスタムパーツ 2016年モデル2016年モデルのスポーツスターの変更点はモデルによって変わります。
以下に、2016年式のスポーツスターのカスタムパーツで変更になった主要パーツを説明します。

フロントフォークの変更

2016年スポーツスター フォーク

2016年モデル スポーツスター フォーク

スポーツスターのフォークは長い間、39mmが使われてきたがXL1200Xは2016年からは49mmフォークが採用された。
2006以降ダイナに装着されるフォークと同径でフロント16インチタイヤと相まって太さを演出する。
また、トリプルツリーも専用設計された。
見た目だけでなく内部も見直され、快適さも増している。

その他モデルに付いても、インナーチューブこそ変更はないが、 内部は見直されよりしなやかに衝撃を吸収できる仕様へとグレードアップされた。

リアサスペンションの変更

2016年スポーツスター リアサスペンション

2016年スポーツスター リアサスペンション

スポーツスターのサスペンションはローダウン仕様がメインとなり、 お世辞にも褒められる乗り心地ではなかった。
2016より一新した「プレミアムサスペンション」採用でスポーツスターの名に恥じない、走破性を実現。

ホイールの変更

2016年スポーツスター ホイールXL883Nはスポーツスターの王道セットアップ、 フロント19インチ、リア16インチだが、9キャストに変更。

XL1200Xもフロント、リア16インチのままデザインを変更、スポークホイールからキャストホイールに変更した。

ブレーキの変更

ソリッドブレーキから2ピースへ変更。
フォークの変更と相まって、操作性がUPした。

また、一部車種にはABSが装備された。

合わせてローター径も変更され292mmから300mmに変更された。