2014/2015年モデル スポーツスターと過去のモデルとの違い

Pocket

2014/2015年スポーツスターと2013までのモデルとの違い

スポーツスターカスタムパーツ 2014年モデル2014年(および2015年)モデルのスポーツスターは外観は変わっていないように見えて、実は2013までとは変更になったパーツが多い。
以下に、2014年式のスポーツスターのカスタムパーツで変更になった主要パーツを説明します。

スポーツスターのマフラー連結管

スポーツスターのマフラーは2013年式までは連結管がマフラーに有った為に、スリップオンマフラーの交換でガスケットの交換が必要だったが、 2014モデルではエキパイ部に移動になった。 連結管がマフラーに無くなり、抜き易くなった。ガスケットの交換も不要になり スリップオンマフラーの交換はかなり楽になった。 しかし2013までのマフラーは外観は似ているが装着できないので、注意が必要。
実はマフラーだけでなく、エキパイの形状も変更になっている。 その為、例えばブラックマフラーに合わせてエキパイにブラックのヒートガードを 付けたい場合に、2013のヒートガードは2014モデルには適合しないので注意が必要だ。

マフラー、エキパイの固定ボルトの位置も変更になったので、 フルエキも互換性が無くなった。2013までのフルエキは2014モデルに 適合しない。

O2センサーの変更

02センサー

旧型O2センサー(上)
新型O2センサー(下)

スポーツスターの使用しているO2センサーは今までの18mm径のO2センサーから 他の車種が数年前に採用を始めた12mm径の小型のセンサーに変わっている。コネクタのピン数も形状も変わっている。 影響を受けるのはインジェクション・チューニングを行う時など。 例えば、エンリッチナーやパワービジョンも適合の型番が変わる。スーパーチューナーのケーブルも変わる。
フルエキを装着する時もO2センサーの径が変わっている。 ただし、18mm径のO2センサーのマフラーを12mm径センサーの車両で使用する場合は、変換アダプタの使用で通常はOK。

グリップ廻りの変更

2014年スポーツスター ハウジンググリップ廻りも変わってないように見えて結構変化が有った。 ハウジングは2014年モデルで変更され、2012年以降のダイナやソフテイルと共通のレイアウトとなった。2013スポーツスター用は使用できない。レバーは2014年から全くのオリジナルに変わりました。

2013モデル用クロームハウジング(上)
2014スポーツスター用ハウジングキット(下)

バッテリーの置き方

バッテリー説明2014年スポーツスターで使用しているバッテリーはこれまでと同じだが、車体への搭載方法が少し変わった。 2013まで奥側にマイナス端子があり、エンジンにマイナスケーブルが固定されていたので、手前に引き出す事が困難で、バッテリーを交換したり電装パーツの取付けで端子を緩めるのがかなり面倒だった。 2014では奥側がプラス端子となり、バッテリーの交換や電装パーツの取付けが従来より少し楽になった。

タンデム用パッセンジャーフットペグマウント

2014年のスポーツスターでは、パッセンジャーのフットペグマウントも変更になった。
ソロシートのモデルからタンデムに変える時などは注意が必要です。