ハイフローエアクリーナーとノーマルエアクリーナーの違い

Pocket

ハーレーに限らないが、ノーマルのエアクリーナーはペーパー(紙)のフィルターで出来ていて使い捨て。
価格は安いが繊維の目が揃っていないのと繊維の幅が広いので吸入抵抗が比較的高い。
使っていくとゴミやホコリがたまり黒くなってくる。
ノーマルフィルターは汚れたら交換が必要になる。
それに対してカスタム用ハイフローエアフィルターは吸気効率が高く、しかも洗浄して繰返し使える。
ハイフロータイプは素材にペーパーではなく、コットンや化学繊維を使用している。
ハイフローのエアクリーナーは繊維の目が均一な素材なので、ホコリ等を取り除く性能を落とさないで吸気効率を高くできる。
しかも、専用のクリーナーで洗浄して繰り返し使用が可能になる。

ノーマルエアクリーナー/ぺーパー製でしかも吸気面積が小さいノーマルエアクリーナーはぺーパー製でしかも吸気面積が小さい

ハイフローエアクリーナーは面積も大きいハイフローエアクリーナーは吸入抵抗が低く、面積も大きい

ハイフローエアフィルターは高性能なコットン製ハイフローエアフィルターは高性能なコットン製

ハイフロー・エアクリーナーには色々なデザインの物があるので、交換してカスタムする楽しみもある。
ハイフローのエアクリーナーに交換すると吸入抵抗が減り空気が沢山吸い込めるようになる。
インジェクション車では燃料をコンピュータが制御しているインジェクターと呼ばれる燃料噴射装置で一定時間噴射している。
噴射量はエンジンの回転数とスロットル開度で決まるので、空気だけ多く入ると混合気が薄くなってしまう。
その為にインジェクションチューニングで適正な空燃比に調整が必要になる。
しなくても走らない訳では無いが、チューニングすると増大した空気に合わせて燃料を適正に供給できるのでパワーやトルクがアップするし、
薄くなった状態ではエンジンの温度が上がったりするがそれも直る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)