車種によるソフテイルのマフラーの違い

Pocket

ソフテイルのスリップオン・マフラーは同じ年式でも、マフラーの適合は3種類に分かれる(2007以降の場合)。ぱっと見は同じように見えて構造や取付けのボルトの位置が違うので適合が異なると取付ができない。
マフラーの形状がほぼ同じでも取付が異なる車種もある。上下にマフラーが並ぶソフテイルはShotgun(ショットガン)muffler とアメリカでは呼ばれる(前後に並ぶマフラーは shorty dual)。
フルエキの場合は、エキパイから交換してしまうのでほとんど車種の制限はなくなるが、一部リアタイヤの幅が広い車種などで適合が異なるケースがある。
以下はスリップオンの適合の違い。

  1. FLSTC / FXST(B,C) / FXSB(SE) / FXSW(C) / FXSB 用マフラー
    2007年以降はこれらのソフテイルは同じ取付けのマフラーを使用している。
    形状としては前後に分かれる。
  2. FLSTF / FXSTD / FLSTFB 用マフラー
    2007年以降はこれらのソフテイルは同じ取付けのマフラーを使用している。
    形状としては上下マフラーが並ぶ形状になる(ショットガン・マフラー)。
  3. FLSTN / FLSTSB / FLS /FXS / FLSTFBS 用マフラー
    FLSTF用と外観は近い印象だが取付けが異なる(ロー・ショットガン・マフラー)。

ソフテイルモデル ノーマルマフラー 音量例

ソフテイルモデル スクリーミンイーグルマフラー 音量例

ソフテイル バンス&ハインズ Twin Slash マフラー バッフル付き 音量例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)