ハーレー FLS ソフテイル スリム

Pocket

fls

FLS / Harley Davidson ソフテイル・スリムの特徴

メーカーメイドの王道ボバースタイル。

2012年後期に新登場した、’50年代のボバーカスタムを彷彿させるオールドスクールカスタムモデル。前後のフェンダーはサイドをトリミングしたナローなデザインで、クロスバーを備えたハリウッドハンドルバーや、タック&ロールパターンのソロシート、ハーフムーンフットボードなどを採用。

ソフテイルスリム FLS のスペック

 
排気量 cc 1,584 ホイールベース mm 1,635
ミッション 6段 総重量 kg 318
タンク容量 ℓ 18.9 フロントフォーク径 mm 49
最大トルク (Nm)/(rpm) 117Nm / 3,000rpm ボア×ストローク mm 95.3×111.1
シート高 mm 650 圧縮比 9.2:1
全長 mm 2,350 レイク(°) /トレール mm 32 / 147.3
全高 mm 1,100 ヘッドライト 55W(LOW)、60W(HI)口径7インチ
全幅 mm 990 最低地上高 mm 115
タイヤサイズ(前) MT90B16M/C72H タイヤサイズ(後) MU85B16M/C77H

   

   

FLSのカスタムについて

FLSはクラシカルなボバースタイルを基本としたデザイン。

カスタムについてあれこれと妄想すると真っ先に思いつくのはオーセンティックなボバー

そう、クラシカルなボバースタイルへの誘いを感じる。

   

マフラーについて

筆者がオススメしたいマフラーはコチラのマフラーだ。

BASSANI

蒸気機関車等が盛んに走っていた時代、線路沿いをボバーで草レースをしていた、そんな車両にはこの様なマフラーが取り付けられていたかもしれない。

そんな妄想をふくらます事の出来る、インダストリアルな雰囲気を放つマフラーを是非ともオススメしたい。

マフラーエンドのターンする形状は異彩を放ち、スチールブラックのカラーも相まって、とてもクラシカルで粗野な印象を与える。

1800-1158:BASSANI FireSweepマフラー ブラック

ヘッドライトトリムはいかがだろう

クラシカルだがスマートな印象を感じるFLSだが、ヘッドライトのトリムを交換するとより洗練される。