ハーレー グリップ交換(電子制御スロットル)

Pocket

※左右どちらから作業しても構いません。

右側は固定しないので、デザインのあるグリップの向きを左右で合わせるような場合は、左側を先に取り付け、右側を左側に合わせて調整するのがお奨めです。

<右側>

スクリューは上下2ヵ所

スクリューは上下2ヵ所

スイッチハウジングの上下2本のスクリューを取り、スイッチハウジングを開きます。

グリップを引き抜きます

グリップを引き抜きます

その状態でグリップを引き抜きます。

(ブレーキレバークランプを緩めておくとさらに作業がしやすいです。)

ハンドルにグリス(汎用のもの)を塗布し、新しいグリップを差し込みます。

グリップの奥にギアの噛み合わせがあるのが右側用です。

<左側>

基本的には右側と同じです。

グリップによってはボンドで固着されていて、引き抜くのに時間がかかる場合があります。

外れにくい場合は、パーツクリーナーを使い、ノズルをグリップとハンドルバーの間に差し込み、噴射します。

完成!

完成!

新しいグリップを差し込む前にボンドを塗布し、差し込んでスイッチハウジング、クラッチレバークランプを元に戻します。

ボンドがしっかりと乾くまでそのままにします。

左右とも取り付け終わったら、スイッチ類とスロットルの動作を確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)