シフターペグを交換する

Pocket

ハーレー純正のシフターペグに飽きたら交換がおすすめ。
シンプルなデザインが魅力的ではあるが、全体的なカスタムバランスを考慮すると交換しておきたいパーツでもある。
値段もリーズブルものも多く、交換するとシフト廻りの雰囲気が激変し、また操作性が向上するものもある。
費用対効果的にも大変優れているパーツである。

 

シフターペグ交換

あたためているところ

あたためているところ

標準装備のシフターペグ取り付け部にはロックタイトが塗布されていますので、そのままでは固くて外れません。取り外し前にヒートガン(なければ家庭用ドライヤー)でペグの根元部分を温めると作業がスムーズです。

シフターペグ取り外し

シフターペグ取り外し

充分温めたら、ヘックス(六角)レンチで外します。

写真は後ろ側ですので、前側のシフターペグも同様に作業します。

この時にシフターレバー全体が動きますので、レバーをしっかりと押さえて取り外しを行います。

新しいペグを取り付けて完成

新しいペグを取り付けて完成

前後ともに外れたら新しいシフターペグを取り付けて角度を調整します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)