バッテリー交換方法(ハーレーTWIN-CAM、VRSC)

Pocket

純正バッテリーと互換品のSVR

純正バッテリーと互換品のSVR

バッテリーの取り外し、取り付けには10mmのスパナを使用する。

搭載されたバッテリー

搭載されたバッテリー

バッテリーを取り外す際は、まずバッテリーの-(マイナス)端子を取り外す。その後、+(プラス)端子を取り外し、車両から降ろす。

取り付ける際は、新しいバッテリーを車両に載せ、今度は逆に+(プラス)→-(マイナス)の順に接続する。
なぜ取付順序があるかと言うと、ボルトをドライバーで廻している時にうっかりとフレームなどに触れてショートする危険性がある為。
外す時に最初にマイナスを外しておけば、プラスを緩める時にショートの危険性は無い。

ターミナル部分がしっかりと固定されていないと不調の原因になるで、しっかりと固定されていることを確認する。
ゆるく締めてあると、スイッチをONにした時にライトは点灯するが、バッテリーは十分充電されているのにセルモーターは廻らない、という現象が出る事がある。
これは部分的にしか接触していないので大電流を流せないため。

※SVRバッテリーにはスペーサーが付属している。ターミナルの先端の端子がバッテリーと干渉する場合はこのスペーサーを入れて固定する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)