サドルバッグをカスタムする

Pocket

ツアラーのサドルバッグは2014年から構造が変わった

touring-saddle

2014からツアラーのサドルバッグは大きく変わった。
見た目はあまり変わってないのだが、ラッチの機構が変わり締め方も少し変わった。
2013までは外側のラッチはヒンジも兼ねていて複雑な造りだった。締める時も内側の金具を引っかけてから外側を倒しながらラッチで絞めたが、2014からは外側はヒンジだけになり、ラッチは内側にレバーが付いた。
サドルバッグの形状も異なっていて、2013は内側が補強の湾曲が有ったが2014ではなくなった。

見た目で判断する場合は、サドルバッグ前方にカギ穴のあるものは2014以降用。
後方にカギ穴のあるものは~2013用である。

 

 

 

まずはお手軽にラッチカバーから

saddle-latch

ラッチ部分のカバー
左はアレンネスのラッチカバー。
さりげないカスタムでちょっと差が付く。
ちなみに、2014年からはこの部分はラッチではなくヒンジカバー。
2013年までの物より少し細くなっている。
 

ストレッチ・サドルバッグはいかが?

stretchツアラーのバガーブームはどこに行ったのか・・・?
日本でも地域によりバガーの人気は差が有ったが、下に伸びたサドルバッグが特徴のストレッチサドルバッグは迫力がある。
バンクした時に設置しないかつい気になってしまうが・・・
ちなみにストレッチサドルバッグはボトムだけ買ってリッドはノーマルを使用する。
塗装して組み立てる必要があり、フェンダーも合わせる必要があるのでコストかかるが
ここまでやると目立つ。

 

 

 

 

サドルバッグ・エクステンションキット

saddle-extensionsサドルバッグを交換しないで、エクステンションを下に付ける手もある。
ハーレー純正のキットで出ている。
ノーマルのサドルバッグの底の部分に穴を開けて取り付ける。

このエクステンションのカットアウトはマフラー用だが、4.5インチまでOK(他社製も)。
バンスのモンスターオーバルやモンスタースクエアなど横長は干渉するので要注意。

 

 

saddle-ext

ハーレー以外からも色々なエクステンションが出ている。
左は USAの Cycle Smith 製。
アレンネスなどからももちろん出ている。

 

 

saddlebag-LED

 

夜間はこの部分が光るとおしゃれ&目立つ。
クリアキンからはLEDが埋め込まれたエクステンションが販売されている。
ブラック、塗装の他にクロームであれば塗装が不要になる。

 

 

 

 

 

 

 

サドルバッグにスピーカーはいかが?

saddle-speaker

ツアラーは標準でステレオが組み込まれている(FLHRを除く)ので、走行中に音楽を楽しむ人は多い。
CVOだと標準で装備されていたりするサドルバッグのリッドに装備されたスピーカー。
ハーレー以外のライダーからはこの装備不可能なスピーカーに憧れか羨望か、あるいは無関係を装いながらつい見てしまう。目立たないようで目立つ不思議な装備だ。
スピーカーを装備するとアンプも必要になるので意外とコストがかかる。
しかし、ストリートグライド(FLHX)などに追加する場合はリア用のアンプ2chが使われていないので、そのまま接続できたりする。

 

サドルバッグガード

sadlebag-guard

ツアラーでは標準でサドルバッグガードが装備されている車両と無い車両がある。
これがあると何かあった時の安心度が違う・・・
具体的には、立ちごけてしまった時。これがあると起こしやすいし、ダメージが少ない。

ストリートグライドなどにこれを装備するには左の14、15などのパーツが必要になる。

 

 

 

twin-rail

上のサドルバッグガードがあると、ツインレールを装備する事もできる。
クロームが輝き、”守られている”雰囲気がでる。
これはやっぱりハーレーのツアラーだけの世界。

 
 
 
 
 
 
 
 

サドルバッグコンプリートキット

syagai-saddlebagFLHRにはハードサドルバッグではなく、レザーの物が装備されている。
これをハードサドルバッグに交換できる。サポートはそのまま使用できる。
リーズナブルな社外製のサドルバッグキットも有る
ブラックに塗装済み、組み立て済みなので、購入したらすぐに取り付け可能だ。
種類も標準装備と同形状のものから、ストレッチタイプ、リッドにスピーカーが組み込み済みのものまで多種多様だ。
但し、寸法や機能は純正同等に設計されているが、内部や細部の仕上がりは純正品よりやや劣る。
通常使用には問題ないが、塗装面や細部の仕上がりにこだわる方は、高価だが純正パーツをオススメする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)