2017ツアラー(ミルウォーキー8)はマフラーの取付けが変わった!

Pocket

2017年ツアラー用マフラー

2017muffler1995年から2016年までツアラーではエキパイの変更が有ったが、マフラーの取付方法は同じで適合は変わらなかった。
しかし2017年モデルではエンジンがミルウォーキー8になり、とうとうマフラーが変更になった。
2016まで用のマフラーは2017ツアラーでは使えない。

どこが変わったかというと、触媒の位置が以前より後方に移動され集合部の後ろ、右マフラーの直前になっている。
そしてそのまま右のマフラーに接続されるのでエキパイとマフラーの接続部が2016以前のものより太くなっている。
左のマフラーは変更なく同じ口径。触媒の後で連結管で左に回される。

排気効率は2016以前もそうだったが、右がメインで左は連結管の排気抵抗で排気の量は少ない。
2016以前のマフラーは右と左でマフラーは対称だったが、2017ではエキパイ接合部の太さが異なり非対称形状になった。

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)