ツアラー2009年モデル 2008モデルとの違い

Pocket

2009年のツアラーは2008年モデルとは変更点がかなりある。パーツを選ぶときは適合に注意しよう。

フレーム

temp1フレームは2009年から補強が入り剛性が上がっている。
リアのスイングアームの太さもかなり違う。
その分、重くもなっている。乗り味も変わってきている。
フレームに取り付けるパーツは適合が違うので要注意。
例えば、ミッドフレーム・デフレクターだって適合が違うし、センタースタンドやスタビライザー、エンジンガードなどなど・・意外と適合が分かれる。

マフラー

temp0エキパイの取り回しが2008と2009で変わった。エキパイのマフラーとの接続部分は合わせてあるのでスリップオン・マフラーの適合は変わらない。
2008までのエキパイはシート下部分で集合しているのがよく判る。左側のマフラーはリアシリンダーの後ろで左右に振り分けされている。右と左は排気の出方に大きな違いがある(左は少ない)。
後ろから見ると左右対称に見えるが、実はエキゾーストは全然対象ではない。
あと大きな違いとして2009からはエキパイに触媒が入っている。厳しい排気ガス検査に対応するため。
この部分で結構排気抵抗があるので、ある程度抜けてる社外マフラーでも静かになった。2008と2009用と同じマフラーでも適合を分けてきたメーカーもいくつか有ったが(セッティングを合わせる為)、インジェクションチューニングが一般化したためか、どのメーカーもマフラーは統一されてしまった。
重低音を求めてマフラーを交換する人は多いが、2008と2009でどのマフラーが自分に合うかという基準が変わってしまった。

シート

シートの適合は2008から変更になっている。2008と2007で変わっている。
2007まで用はシートのベロをフレームに差し込んだが、2008からはこれが逆になり シートの前部にへこみがあり、フレーム側のベロに差し込むようになった。
一目見ただけでどちら用か判る。

シーシーバー、バックレスト

フレームが変わったので、シーシーバーやバックレストの適合も変わった。
パーツを注文する時は注意したい。

ツアーパック

temp1ツアーパックもツアーパックラックも、そしてドッキングポイントも構造、形状が変更になっている。
2009からはキングツアーパックの他に薄型のチョップド・ツアーパックやレザーツアーパックもリリースされ、キングツアーパックにはスピーカーポッドもリリースされた。
2014からツアーパックの形状が再度変更されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)