ウィンカーは日本仕様とUSA仕様で異なる。

Pocket

ウインカーは日本とUSAで仕様が違っている。

USA仕様のウインカーをそのまま付けようとするとトラブルので要注意。

フロント・ウインカー、USAと日本仕様の違い

フロントのウインカーは一見同じように見えるが、USA仕様と日本仕様は異なっている。

turnsingal-usaフロントのウインカーは日本仕様はシングル球が使われているが、USA仕様はポジション用にダブル球を使用している。
ソケット部から交換する場合は、USA仕様を購入しても配線を1本取り付けなければOKで、球の交換時に注意するだけで済む。
しかし、知らずに中古で購入したハーレーにUSA仕様が取り付けてあるとトラブルかも・・・

ブラケットは変えないで球だけ交換する場合は問題になる。
例えば、左のようなUSA用のベゼルを購入したとしよう。
レンズはスモークなので、バルブにはアンバーが必要になる。
USA仕様はダブル球なのでそのまま交換しようとしても日本のシングル球用のソケットには入らない・・・

リアウインカー、USAと日本仕様の違い

リアウインカーは一見しただけで判るが、USA仕様と日本仕様は異なっている。

usa-turnsignal

アメリカのリアウインカーは色の違いから使えない

アメリカでは、リアウインカーの色がアンバー色でも赤色でもOKで、赤色を使用している車種が多い。
ハーレーも通常、赤色のウインカーを使用している。
カスタムのウインカーセットを注文するとリア用には赤色が入ってくる物が多い。

しかし、日本ではストップランプと同じ色の赤は認められていない。

例えば、左のようなウインカーのセットを購入したとしよう。
リア用はレッドなので使えない・・・
この場合、レンズ部だけ交換できるならフロント用レンズに交換するか、スモークなら球をレッドからアンバーに交換すればよい。