ハーレー レイバックライセンスプレート&ターンシグナル リロケーションキット

Pocket

フェンダーストラット横のターンシグナルを、ライセンスプレートの根元へ移設するキットの取付方法を紹介する。
ライセンスプレートもフェンダーに沿って斜めになる。

キットイメージ

キットイメージ

左右両だしのハードサドルバッグを取り付ける場合は、バッグとの干渉を避けるために、このキットで移設しておく必要がある。

※純正型番:60215-06 / ’04以降スポーツスター・’02以降ダイナモデルに適合

まず、ライセンスプレートとテールライトを外す。

ライセンスプレートはスクリュー3本、テールライトは左右2本のスクリューでフェンダーに固定されている。

テールライト内部の配線図

テールライト内部の配線図

テールライトをフェンダーから外すと、配線のみつながった状態になる。

中央上部にある2つがそれぞれ左右ターンシグナルにつながる配線なので、この2つのコネクタを外す。(図中の2と3)

コネクタは、上部にあるストッパーを押すと簡単に外れる。

続いて、外したターンシグナルの配線+コネクタをテールライトから分離する。

そのままでは引っかかって抜けないので、コネクタを取り外す必要があるが、

  • コネクタの根元から切断→あとからハンダ付け
  • コネクタから端子を抜き取り→キットに付属の新しい端子に交換

の2通りの方法があります。

図中1がコネクタ、2が端子。

図中1がコネクタ、2が端子。

コネクタから端子を抜き取ったり、新たに配線に端子を取り付けたり、といった作業は専用工具がないと難しいため、切断+ハンダ付けが比較的容易です。

次に、ターンシグナル本体をフェンダー横から外す。

配線をテールライトから外したので、ボルトを外せば付け根のターンシグナルサポートからすべて外れるはず。

外れるもの(5がターンシグナルサポート)

外れるもの(5がターンシグナルサポート)

外れたら、ターンシグナルレンズ(図10)をハウジングから取り外す。コインを横の溝に入れてまわすと外れます。
レンズが取れたら、ハウジングから反射板(8)とグロメット(7)を取り出して、配線を抜き取ります。

バーに取り付け

バーに取り付け

次に、キットに入っている、ターンシグナルバーのどちらか片側にターンシグナルを取り付ける。

取り付けに必要なスクリューやカバーはキットに含まれています。配線はバーの中に通せるようになっている。

キットに入っているライセンスプレートマウントにバーを差し込み、反対側にもターンシグナルを取り付ける。

ライセンスプレートマウントをフェンダーに固定し、配線はフェンダーの裏側からテールライト左下部にある穴を通して外側に出す。

先ほど外したコネクタに配線に取り付け(ハンダ付けまたは端子を付けて差し込む)、もとに戻す。

ターンシグナルが正常に点灯することを確認しておく。

移設完了

移設完了

キットに付属のライセンスプレートマウントは、米国のナンバープレート用のサイズで、固定用スタッドも4箇所だが、日本のナンバープレートには合わない。

直接取り付ける事が出来ないので、もともと付いている日本用のプレート台座を使用する。

ナンバープレートの位置を合わせて、キットに付属のシルバーのマウントにネジ穴を開ける。

プレートに両面テープを貼り、台座とナンバープレートを接着してスクリューで共締めして完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)