ドッキングハードウエアにデタッチャブル・シーシーバーの取り付け

Pocket

デタッチャブルタイプは車体にドッキングハードウエアを装着しておく。レバーで簡単に外せるようになる。
(でも、構造を知らない人は簡単には外せない)。

ドッキングハードウェア

(左)ドッキングハードウェア

(右)ドッキングポイント

デタッチャブル用キー(HD純正)

デタッチャブル・ロックキットデタッチャブル・ロックキット

デタッチャブル・タイプはワンタッチで取り外せてしまうので、盗難が不安という方はデタッチャブル・ポイントをキー付きに交換する事もできる。

シーシーバー装着時の注意点

ドッキングポイントと固定ネジドッキングポイントと固定ネジ

シーシーバーはフェンダーストラットのネジ部に取り付ける。 左右2か所のこのポイントしか取付けできるネジ部分がない。 ここにはサドルバッグを取り付ける時のレールやガードも取り付ける。 両方取り付ける場合はボルトの長さに注意が必要。

①デタッチャブル型の場合、ドッキングポイントは外側には移動できないので、レールやガードは外側に取り付ける。

②両方を取り付けると添付されているネジの長さが足りなくなる。その場合は長いネジが必要になる。(ロングネジ)

シーシーバーの取付け

シリンダーベースカバーシーシーバーの取付け

シーシーバーの取付けはデタッチャブルとリジッドで異なる。 リジッドの方がデタッチャブルより面倒である(フェンダーのリフレクター(反射板)を外さなくてはならない。フェンダーを傷つけないよう神経を使う等・・) 詳細は画像のリンクを参照の事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)