スポーツスター XL1200CX / ロードスター

Pocket

roadster

Harley Davidson スポーツスター XL1200CX / ロードスターの特徴

2016年にリリースされてきた”ロードスター”。
倒立フォークを採用、リアサスペンションにもプリロード調整付き専用プレミアムライド・エマルジョンショックを採用。
フロントにダブルディスクブレーキ(フローティングマウント、ABS装備)を採用した、走りにフォーカスしたモデル。
ハンドルは低く、従来のスポーツスターよりも低めのシートでライポジもアグレッシブ。
リアフェンダーは短めだが、その後ろに付くナンバーと一体成型カバーでショートフェンダーの効果は無い。
フロントフェンダーも短い。
マフラーはクロームなのにシールドはわざとブラックにしてある。
ヘッドライトはボトムマウント。

XL1200CX ロードスターをカスタムするなら

  1. ウインドシールド
    flyscreenロードスターには小型のウイインドシールドが似合う。
    ツーリングにもシティライディングにも意外と役に立つ
  2. シート
    lepera-05ノーマルのシートは好みが判れるところ。
    もう少しすっきりとしたデザインの方がロードスターには似合うのでは?
    Leperaのベアボーン・スティッチ仕様がおすすめ。
  3. ナンバートランスファーキット
    number-transferせっかくのショートフェンダーを生かす為にナンバーの移設を考えたい。後ろからの印象は大きく変わる。
  4. LEDヘッドライト
    led-5ロードスターにはやはりLEDヘッドライトを装着したい。
    明るく、夜の視認性が高まる。
  5. マフラー
    rush-mufflerスポーツスターにもハーレーらしい音が欲しい。
    ロードスターにはスタンダードな Rushマフラーがお勧め。音量を落とす消音加工バッフルがあるので街中でもあまり気を使わなくてすむ。
  6. サドルバッグ
    larosa-bag2ツーリングではもちろん、街中でもサドルバッグがあれば急に荷物が出来た時に便利。
    やはりお勧めはLaRosaのバッグ。本革の質感と丁度良い大きさがスポーツスターにぴったり。サドルバッグレールなどは必要ない。