エアクリーナーのブローバイガス還元とオイル漏れ

Pocket

ハーレーのエアクリーナーの内部構造

ハイフローエアクリーナーは性能が良くてカッコもいい。
内部はどうなっているのか?

これはアレンネスのステージIハイフローのエアクリーナーの内部。
エンジン側に取り付けるバックプレートの写真。これにフィルターを固定するカバーが外側に取付く。

エアクリーナーは埃を除去するのが主目的だがもう一つ、ブローバイガスの還元機能も持っている。ノーマルのエアクリーナーを分解してみよう。

エアクリーナーを外すとバックプレートが見えるエアクリーナーを外すとバックプレートが見える。

ハイフローエアクリーナーはバックプレートの形状もノーマルと異なる。両側に見えるのがノーマルのブローバイホース接続口ノーマルとハイフローではバックプレートの形状もかなり異なる

吸気口の両側のシリンダのネジ穴はエアクリーナーを固定すると同時にブローバイガスが出てくる

ブローバイガスの還元とは

(注)ブローバイガスとは、ピストンとシリンダーのすき間から漏れてクランクなどにたまる未燃焼ガスや排気ガス。
通常はヘッドからエアクリーナーに戻してシリンダーに送りこみ燃焼させる。
どうやってクランクからヘッドまで上げているかというと、プッシュロッドの内側に穴が開いていてそこから送られている。

ハイフロー・エアクリーナーでもノーマルと同様にブローバイガス還元方式を採用している物がほとんどで、フィルターが露出していても車検は問題ない。

ホースを使用したブローバイガス還元の例
(写真はS&Sエアクリーナー)

両側の固定ボルト部から出てくるブローバイガスは、ボルトの中の穴からホースを通して吸気の負圧でエンジン内に吸い込まれていく。

一体型バックプレートの例

両側の固定ボルト部から出てくるブローバイガスは、ネジ内の穴からバックプレート内部の溝を通して内側に送られて、吸気口に吸い込まれていく。

ブローバイガス還元のデメリット

ブローバイガスを還元して燃焼させると3つ欠点がある。
(1)シリンダーやバルブなどにカーボンが付き、汚れる
オイル成分を燃焼させるのでどうしても汚れる
(2)未燃焼ガスや排ガスを燃焼させるので若干パワーロスになる。
(3)エアクリーナーからオイルが垂れてくる事がある。

通常、ピストンやヘッド、バルブにはカーボンが付着する。この汚れは主にブローバイガス還元に含まれるオイル成分によるもの。
このピストンはノーマル状態で8,000マイル(約12,000Km)走行のもの。

ブローバイガスを還元しなければ、ピストンやバルブはキレイ。左は27,000マイル(約43,000Km)走行のもの。

ハイフローエアクリーナーでオイル漏れ?

ハイフローエアクリーナーに交換してからエアクリーナーからオイルが漏れるという症状に悩まされる事がある。オイルが滲んで垂れてくるので気になる。これは、ブローバイガスに含まれるオイルをエンジンが吸いきれないから。
エンジンはいつも吸気し続けている訳ではなく、エンブレをかけた時など負圧が減る。
この時にブローバイが噴出してくるとエアクリーナー内部でオイルが下に流れてしまう。
なぜハイフローで起きやすくなるかというと、吸気抵抗が少なく、構造もシンプルでノーマルのようにフルカバーではないから。

オイルキャッチタンクを使う方法もある

実はレーシングカーはオイルキャッチタンクを装着してブローバイガスはエアクリーナーに還元していない(エアクリーナーもなくファンネルだったりするが)。目的はパワーを追い求めるから。同様のシステムがハーレー用にもある。

これはクリアキンのハイフローエアクリーナーに装着した例。
ブローバイガスはエアクリーナーに送られず、下にあるオイルキャッチタンクに送られる。このタンクは定期的に掃除しなくてはならない。ガス成分はここから大気開放されるので恐らく車検には通らない。
このオイルキャッチタンクをノーマルの楕円のエアクリーナーカバー内に装着している人もいる。

このオイルキャッチ・タンク(型番DK-PR-CC-BRT-TC)の取付は、ブローバイの部分のスペーサーと写真のスペーサーを交換する。
そして耐油ホースでタンクに接続する。タンクを置く場所に迷うかも知れない。

アレンネスのInverted用のキットもある(DK-OPTEBSRB-T)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)