ソフテイルに”S”モデル登場!

Pocket

2016年よりハーレーダビッドソンのソフテイルに”S”モデルが新登場した。
“FLSTFBS”(写真左)と”FLSS”(写真右)の2車種。

2車種ともに流行りのダークカスタムを基調としておりクローム部品は、ほとんど使用していないようだ。
ダークカスタム好きにはたまらない仕上がりとなっている。

またエンジン廻りもブラックでまとまり排気量も110cui(1801cc)と、CVOと同じ排気量になっている。
ただ排気量はCVOと同じだが、最大トルクでは劣る。

CVO  :141Nm/4000rpm
FLSTFBS:127Nm/3500rpm
FLSS  :129Nm/3496rpm

最大トルクでは劣ると言っても重量が全然違うので、ありあまるパワーがあるのは間違いない。

通常のソフテイルモデルも2016から103cui(1689cc)へと排気量アップしているが、メーカー発表の燃費が通常モデルよりも、わずかだが”S”モデルの方が良い。

通常モデル:17.9km/L
“S”モデル:18.2km/L

 

エンジンの排気量以外があまり違いは無いので、カスタム・パーツの適合は”S”なしモデルと大きくは変わらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)