ハーレー FLSTF ファットボーイ

Pocket

flstf

ハーレーダビッドソン FLSTF ファットボーイの特徴

FL系カスタムモデルの元祖。

映画「ターミネーター2」でシュワルツェネッガーが乗って話題になったファットボーイ。ハーレーの人気も再燃したモデル。
ショートタイプのフェンダーの200ミリサイズのワイドタイヤを装着し、ファットなスタイルを演出。
1-1/4インチの極太ハンドルやコンチョ付きのサドルシートなど、専用パーツが満載。

FLSTF ファットボーイのカスタム

FLSTFにはズバリ、フィッシュテイルマフラーが似合うかも。
フィッシュテイルマフラーが一番似合うハーレーはソフテイル。
その中でもファットボーイはレトロなスタイルが似合うのでフィッシュテイル・マフラーが似合うかも。
フィッシュテイルマフラーは左右両出しなので、雰囲気がノーマルマフラーから大きく変わる。
エキパイと同じ太さのマフラー部で細い部分が長く、それなりに背圧がかかり音量もバッフル部が無いか気持ち程度のバッフルでも大きすぎなかったりする。
フィッシュテイルマフラーはSMASONの他にパイソンやフリーダムパフォーマンスなどからも出ている。

 

 

FLSTFにはハード サドルバッグも似合う

ツアラーと同じサドルバッグをソフテイルに装着する事ができる。

いわゆるバガー仕様になるが、デザインだけでなくツーリングなどでもとても便利。

左の写真はファットボーイ専用 (型番:TSU-HSADDLE-STF)でウインカーもノーマルの物が装着されていてもOK。

 

 

 

 

ラペラ(Lepera)の薄いシートが似合う

FLSTFにラペラ(Lepera)の薄いソロシートを付けると、ローダウンになり足付きがさらに良くなる。
ボディはグラマラスに見えるファットボーイだが、シートはスリムな方がかえって全体のバランスがよく見える。

FLSTF ファットボーイのスペック

排気量 cc 1,584 ホイールベース mm 1,638
ミッション 6段 総重量 kg 330
タンク容量 ℓ 18.9 フロントフォーク径 mm 49
最大トルク (Nm)/(rpm) 117Nm / 3,000rpm ボア×ストローク mm 95.3×111.1
シート高 mm 690 圧縮比 9.2:1
全長 mm 2,396 レイク(°) /トレール mm 32 / 147.3
全高 mm 1,095 ヘッドライト 55W(LOW)、60W(HI)口径7インチ
全幅 mm 990 最低地上高 mm 130
タイヤサイズ(前) 140/75R17M/C67V タイヤサイズ(後) 200/55R17M/C78V