ハーレー FLSB スポーツグライド

Pocket

2018年のレイトモデルでFLSB(スポーツグライド)が発表になった。
着脱可能なミニカウルとパニアケースを装備し、街乗りからツーリングまで幅広く対応する。
2012~2016まで販売されていたFLD(スイッチバック)と似たイメージだが、
FLSBはフロントフォークには倒立フォークを採用し、2in1マフラーも一層走りを意識させる。
また、フロントタイヤ18インチ、リヤタイヤ16インチというサイズは、2018年のソフテイルモデルではFLSBだけである。
ホイールも専用の凝ったデザインになっている。
装備もLEDヘッドライト、USBポート、キーレスイグニッション等、最新装備が数多く搭載されている。

ミニカウル、パニアケースを装備した状態でも十分にカッコイイが、外した姿もまたカッコイイ。
街乗りでは外した状態で軽快に、ツーリングにはフル装備でと気分で選択できるのもうれしい装備だ。
脱着も工具いらずで簡単に出来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)