ダイナのラゲッジラックカスタムについて

Pocket

カスタム・ラゲッジラックを選ぶ際の注意点

‘06以降ダイナモデルの場合は、サイドプレートがリジッドでもデタッチャブル でもラゲッジラックは共通なので、後にサイドプレートを変更してもそのまま流用できる利点がある。

シーシーバー・アップライトがないとラゲッジラックは取り付けられない。 サイドプレートのみではボルトの受けがため。

ソロシート(一人乗り)の場合は、上記の様な5点セットでなくても、ドッキングハードウェアとの組み合わせで、 脱着可能なラックが取り付け可能。

デタッチャブル・ソロラックデタッチャブル・ソロラック

ドッキングハードウェアドッキングハードウェア

ダイナ用デタッチャブル・ソロラックダイナ用デタッチャブル・ソロラック

フェンダーラゲッジラックの場合は、シートマウントと、ナンバープレートのブラケットを使って取り付ける ものや、シートマウントとセンターシートボルトの穴に取り付けるタイプがある。

ナンバープレートのブラケットに共締めナンバープレートのブラケットに共締め

※ネジ穴がない場合はフェンダーシートナットキットを入れる必要がある。※ネジ穴がない場合はフェンダーシートナットキットを入れる必要がある。

ダイナラゲッジラック イメージ

カスタム・ラゲッジラックを選ぶ際の注意点

チョップドフェンダーラゲッジラック(FXDWG用)ナンバープレートのところにターンシグナルをリロケーションしている車両、 ナンバーをレイダウンしている車両には不適合。
左の写真はチョップドフェンダーラゲッジラック(FXDWG用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)