パフォーマンスマシン・エアクリーナーキット取り付け(ハーレーTWIN-CAM)

Pocket

4859_1

パフォーマンスマシン製・SUPER GASシリーズ取り付け。

’99以降TWIN-CAMモデルで、キャブレター・インジェクションともに取り付け方法は同じ。

エアクリーナーを外したところ

エアクリーナーを外したところ

まず、エアクリーナーを取り外す。

’08、’09ツーリングモデルはこのパーツを残します

’08、’09ツーリングモデルはこのパーツを残す

※2008~2009のツーリングモデルの場合は、エアクリーナー取付け部の上部にあるブラケットを残す。

その他のモデルでは必要ないので取り外す。(もとからついていない車両もある)。
ちなみにこのブラケットはインテークマニフォールドとエアクリーナーのツラ位置を合わせる為に
電子制御方式に変わった時に追加された物。
ハイフローのエアクリーナーでこれを外さないといけない物と、外すとツラ位置が合わなくなる物が存在する。
取付時にツラ位置を確認する(段差がある状態でバックプレートを装着してボルトを締めない事)。

これらを取り付けます。ガスケットも忘れずに。

新しいエアクリーナーのバックプレートを取り付ける。ガスケットも忘れずに。

ブリザースタンドオフ、バックプレート、ブリザーボルトの順でスロットルボディー(キャブレター)に装着する。

バックプレートのうしろ側にはガスケットを入れる。

スクリュー3ヵ所

スクリュー3ヵ所

固定はスクリュー3ヵ所。

左:ブリザーチューブ 右:セカンダリ・バッキングプレート

左:ブリザーチューブ 右:セカンダリ・バッキングプレート

続いて、ラバーブリザーチューブをブリザーボルトの上に装着し、セカンダリーバッキングプレートを被せてバックプレートに押し込む。

フィルターとフェースプレートを組み立てて

フィルターとフェースプレートを組み立てて

エアフィルターエレメントとフェイスプレートを組み立て、

取り付けて完成です。

取り付けて完成。

バッキングプレートに取り付けて完了。

パフォーマンスマシン・エアクリーナーキット取り付け(ハーレーTWIN-CAM) への2件のコメント
  1. つかちゃん

    2010年のウルトラCVOにPMのエアークリーナーを装着しましたが、部品Cを装着したままだと付きませんでした。それで正解なんでしょうか?

    返信

    1. worldmotor

      worldmotor

      インテークマニホールド上にあるこのステーは電子制御スロットルで追加されたスペーサーです。
      カスタムのハイフローエアクリーナーに交換する場合、このステーを外さないとツラ位置が合わないエアクリーナーと
      外すと合わない物があります。ですので説明も難しいです。

      例えば、アレンネスのBig Sucker ステージI キットでは外しませんし、同じアレンネスのInvertedシリーズでは使用しないので外します。
      このステーが有るのと無いのでは明らかに位置が異なるので、ツラ位置が合う方にしてもらえば問題ありません。
      説明書をよく見ると書いてはあると思いますが、英語で判りにくいと思います。

      ちなみに、スペーサーを間違え(取らなくてはいけないのに取らない、もしくは逆)た状態でボルトを締めていくと、
      バックプレートが”バキッ”と割れます。アルミの鋳物なので。
      割られたお客様も数名いらっしゃいます・・・
      今のままで正解だと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)