2020FXLRS(ローライダーS)とFXLRとの違いとカスタム

Pocket

2020FXLRS(ハーレー、ローライダーS)

2020ソフテイルで新モデルFXLRS”(ローライダーS)”がリリースされた。

ツインカム時代も”ローライダー”は非常に人気で、”FXDLS”というスペシャルで非常に評判の良いモデルがあったが、M8モデルでも遂に復活した。

早速、FXLRローライダーとの変更点を確認してみよう。

FXLRS(ローライダーS)

FXLR(ローライダー)

まず、排気量はFXLRが107ci(約1755cc)、FXLRSが114ci(約1868cc)となり100cc以上の差がある。

ちなみにFXDLSとFXLRSは排気量が同じ114ciである。

またFXLRSにはFXDLSと同様の、クラブスタイルをイメージさせるビキニカウルも装備されている。

色も違う。FXLRはクロームを基調としているが、FXLRSは黒をベースとなり、エンジンもマフラーもエアクリーナーもフェンダーストラットもフロントフォークも全てブラック。イメージは大きく変わっていて、カスタムパーツの選び方も変わってくる。

FXLRSのフロントフォークはFXFBモデルと同じ倒立フォークが装備されており、剛性が上がりワインディングやコーナリングなど素直なハンドリングが楽しめそうだ。
しかし、フォーク径の違いからウインドシールドの適合は注意する必要がある。
正確にはマウントのクランプ径がFXLRとは違うので、よく確認しよう。

フロントブレーキはダブルディスク&ABSなので制動性も抜群である。マスターシリンダーピストンの径がダブルディスク用の為、FXLRより少し太くなっているので、マスターシリンダー廻りのカスタムの際は注意が必要。
ブレーキ、クラッチ、レバーは2015モデル以降、今現在(2019/1月)までは共通になっている。

FXLRS(ローライダーS)

FXLR(ローライダー)

シートは車両のイメージを決める大事な部分の一つだが、FXLRではスッキリとしたデザインの2upシート(2人乗り用)が採用されている。
FXLRSは標準でソロシートが装備されており、レーシーな雰囲気が漂っている。

社外のカスタムシートに変更する場合は、両モデル共に共通なのでFXLR用のシートがそのままFXLRSにも適合する。

また、ハンドルも大きく変更されている。
FXLRSのスマートなハンドルは、標準で4インチのライザーとモトクロススタイルのハンドルバーが装着されている。ライザーの変更で容易に高さも変えられるので、カスタムの幅も広がりそうだ。
対してFXLRは形状的に、どっしりとした印象だ。

ハンドル幅は、FXLRS:850mm、FXLR:96,5mmとFXLRのほうが幅がありゆったりと乗れるポジションになっている。

FXLRSのカスタム

ミルウォーキーソフテイルをカスタムする際に、フットペグとダービーカバーに注意が必要なのは前項で紹介しているので参考にしてほしい。


マフラー

マフラーはFXBB(ストリートボブ)と同形状となっている。
わずかに上下のマフラーをずらしFXLRとはまた違った外観になっている。
しかし、スリップオンマフラーの適合は、FXBB、FXBR/S、FLSL、FLFB/S、等と同様にFXLR、FXLRSも適合する。


テールライト

テールライトはFXLRが通常のバルブ球タイプなのに対して、FXLRSではLEDテールライトが標準装備となる。
ウインカーはどちらもバルブタイプになっている。


リアサスペンション

リアサスペンションも変更され、FXLRSは専用サスとなっている。
写真も無く詳細は不明だが、シート下にFXFB等に採用されているアジャスターがあり、それを回し調整するようだ。

プリロード調整も簡単に調整できるようになっている。

※写真はFLDEです。