2018ソフテイル(ミルウォーキーエイト)の概要とカスタムについて

Pocket

ソフテイルは2018にミルウオーキーエンジンになってシリーズが一新された。
ダイナがソフテイルに統合され、排気量も107cui(1,745cc)とSモデル:114cui(1,868cc)とアップ。
ソフテイルのアイデンティティのリジッド風フレームは剛性が増し、サスはエンジン下からエンジン後方に移された。

車種構成も2017までとは変わった部分がある
車名も変更されて、例えばファットボーイが今までのFLSTFからFLFBに変更され、なじみの無い車名になってしまった。

FL系ソフテイルとFX系ソフテイル

ソフテイルには元々FL系のソフテイルとFX系のソフテイルの2種類があった。
パーツによってFL系には適合するがFX系には適合しない、あるいはその逆のパーツもある。


“FL系”とはFLSTC など”FL”で始まるソフテイル。
ヘッドライトが7インチで、ウインカーも他のハーレーのようなブレット(砲弾)型ではなく、フラット型を装着していたりする。
そして、フットペグではなくフットボードを装着しているのも大きな特長。
フロントフォークもカバー付きで、フェンダーの形状もツーリングモデルモデルに似ている。
ツアラーに似た部分が多いソフテイルである。


“FX系”はFXSTCやFXSBなど、”FX”で始まるソフテイル。
ヘッドライトが5インチで、ウインカーはブレット型。フットボードではなくフットペグを使用する。
フォークの形状もダイナに近い。


2018になってソフテイルには新しいモデルがFX系に追加される。
元“ダイナ”の、ローライダー(FXLR)とストリートボブ(FXBB)、そしてフロントに倒立フォークを採用のファットボブ(FXFB)の3車種。FX系ソフテイルのハーレーが増えた。

2018ソフテイルの車種一覧

型名 車名 特長 2017までの型名
FL
ソフテイル
FLHC Softail Heritage Classic サドルバッグ装着
デタッチャブル・ウインドシールド装着
LEDヘッドライト、フォグライト装着
FLSTC
ヘリテイジ・ソフテイル・クラシック
FLDE Softail Delux ホワイト・ウオール・タイヤ クローム・オイルタンク FLSTN
ソフテイル・デラックス
FLSL Softail SLIM ソロシート FLS
ソフテイル・スリム
FLFB FatBoy 幅広フェンダー(リアタイヤはブレイクアウトと同じ) FLSTF
ファットボーイ
FLSB Sport Glide サドルバッグ
倒立フロントフォーク
フロント・ショートフェンダー
(なし)
FX
ソフテイル
FXBR Breakout 幅広240mmリアタイヤ
ロー&ロングスタイル
FXSB
ブレイクアウト
FXFB Fat Bob 2本出しマフラー
ファットタイヤ
フロント・ダブルディスク
FXDF (ダイナ)
ファットボブ
FXBB StreetBob フロントフォークカバー
ブラックエンジン&マフラー
アップハンドル
FXDB (ダイナ)
ストリートボブ
FXLR Low Rider 低いシート FXDL (ダイナ)
ローライダー
型名 車名
FL
ソフテイル
FLHC Softail Heritage Classic
FLDE Softail Delux
FLSL Softail SLIM
FLFB FatBoy
FLSB Sport Glide
FX
ソフテイル
FXBR Breakout
FXFB Fat Bob
FXBB StreetBob
FXLR Low Rider

2018ソフテイルの共通事項

  • ミルウオーキーエンジン採用でパワーアップ
  • 従来と同じく、リジッドに見えるサスと別体式オイルタンク
  • リヤサスはエンジン下からエンジン後方に移された。性能の良いリアサスで走行性能アップ(車種により3種類のサスに分かれる)
  • 剛性の上がったフレーム
  • ハイパフォーマンス・フロント・サスペンション
  • ヘッドライトは全車種LEDを採用(形状は車種により異なる)

2018ソフテイルのカスタムの注意点

  1. 従来とは互換性の無いパーツが多い
    エンジンがミルウオーキーになった事で、2017までのソフテイルとは互換性がないパーツが多い。
    マフラーにエアクリーナーに、シート、ウインドシールドなど2017以前のツインカム用のパーツとは適合が違う。
  2. 車種バリエーションが増えて適合がより複雑になった
    ソフテイルは以前から適合が複雑だったが、車種が増えたことでさらに難しくなったパーツも多い。適合表記に注意しよう。
    例えば、マフラーでスリップオンで交換しようとすると、FLHCとFLDEは同じだがFLFB,FLSLは違っていて、FLSBも違う、とFL系ソフテイルだけで3種類に分かれる。
  3. リア廻りはリアフェンダーの幅に注意
    2018のソフテイルでもフェンダーの幅でカスタムパーツの適合が分かれる物がある。
    例えばホルドファストという新しいワンタッチ・シーシーバーが出ているが、FXLR,FLSLとFXBR,FLFBとFXBB,FLDE,FLHC/S,FLSLと3つに適応が分かれている。これはフェンダーの幅が違うから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)