ロックフォームでスマホ装着 簡単装着でしっかりホールド

Pocket

スマホをナビ&音楽プレーヤーとして使用しており、以前はタンクの給油口のカバーに取り付けておりましたが、ハンドル操作で左右フルロックするとスマホにアンドルが当たる為、他の取り付け方法を探しておりました。給油口カバーに取り付ける以前は純正パーツでハンドルにも取付けておりましたが、アイドリング時に振動で揺れて見づらくハンドル装着は無理かなと思っておりましたが、ROK-FROMのマウントは、ほとんど揺れることが無く停車時のタッチパネル操作もOKでした。

更に、装着&脱着もチョーカンタンでした。

DSCN0051 (640x480)ちなみに、純正ナビとフューエルインジェクション用のパワービジョンも取り付けています。
ROFORMでスマホをセンターの一番見やすい場所に取付けました。

rokform10

ROKFORMのパッケージを開けるとこんな感じ。
スマホのカバーとハンドル・マウントなどが入ってます。
説明書は英語・・・でも写真があるし、そもそも説明書はなくても組み立てれそうなのでOK。

rokform11

ハンドルの径に合わせるアダプタが付いているので、1インチ以外にもファットバーとか問題ないみたい。
”ROKFORM”と書いてあるバンドは、万一の脱落で落下を防止するひもらしい。振動で外れる事はなさそうなのでイラナイかなー?
SKIN と書いてあるのは透明な袋のようなもので、スマホに被せると防水になるらしい・・
iphone6とか一部の車種用にだけ付いているらしい。

rokform12

スマホケースはマグネットが組み込まれていて、金属にカチャッとくっつく。
便利な時があるかも・・
このケースは落としてもスマホが簡単には壊れないのが特徴らしいが、流石にそれは試せない・・

さて、実際にハーレーに付けてみました。

rokform02

ハンドルの立ち上がり部に固定しました。
アルミ・ビレットでしっかりとした造りです。
取付け調整が2軸だけですが、もう1軸調整可能ならば最高です。

rokform03a

 

スマホを取り付けるとこんな感じ。
カチャッと回すだけで簡単に固定でき、反対方向に捻れば外れます。
しっかりと固定され、走行中もブレたりしません。
好きな場所に取り付けれて、簡単に取り外せるので ROKFORMは良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


画像を添付 (JPEG only)