スポーツスター カスタム 初級編

Pocket

braap

スポーツスターを買って走り始めてしばらくすると、「音がイメージと違う」と最初に思う人はとても多い。
ハーレーにはやはりあの図太い音が無いと・・

しかし、ハーレービギナーにとっては“何をどうしたらよいのか”も最初はよくわからない。

そこで今回は、インジェクションモデルのスポーツスターを購入したビギナーの人がマイハーレーを少しでも理想に近づけるための最初の一歩をお手伝いできたらと思う。

ハーレーの”あの音”をどう出すか

所謂“ハーレーらしい音”というものに必要不可欠な要素は極端にいうと2つしかない。
逆に言えば、この2つさえ揃えば、かなり理想に近づくのではないだろうか。。。

その2つとは、、、

・ハーレーらしい音のマフラー

・インジェクションチューニング

もちろん、この2つでは求める音には完ぺきにはならないかもしれないが、近づくことは確かである。
それでも物足りなければ、色々やれることはある。

ハーレーのマフラー

マフラーは、純正品、社外品合わせると何百という種類がある。
その中から自分好みのデザイン、音量、音質のマフラーを探す楽しみがある。
そこで大事なのは、まず音量の基準を作ること。

例え自分好みのデザインのマフラーを見つけたとしても、音が大きすぎてエンジンをかける度にご近所とトラブルになっていたのでは、ハーレに乗る気も失せてしまうかもしれない。。。
“迫力ある音”と“マナー”の自分なりのちょうど良いところを決めたい。

色々なショップに「どのマフラーが良い?」と質問した時に、よく返ってくる答えの一つに、
「まず、サービスエリアとかイベントとか行って、好きな音の目星をつけてきて」

というものがある。

ごもっともです。

でも、実際にそれで本当にマフラーが決まるのかは微妙である。。。
気に入ったとして、そのライダーを止めて、メーカーを聞いて、消音の細工をしているかどうかを聞いて、今度はそのマフラーを探して。。

結構大変。。。

そこでおススメなのは、ハーレーらしい音を手にいれながらも、なるべく安価で、しかも自分にとってちょうど良い音量の基準を作ってしまうことである。
そうすることで、次にフルエキ等の高価なマフラーに交換する際にも選ぶ基準ができるので、選択がし易くなる。

おススメマフラー その1

RUSHスリップオンマフラー

rush

こちらのマフラーは、特別高級感も無いし、カスタム感もそこまでない。
しかし、値段が安いのと、音量の調整がある程度できるので、最初に買うマフラーとしては、とてもおススメである。
値段が安いといっても、モノが悪いわけではない。
音は低音で、図太い。所謂“ハーレーの音”が出るマフラーである。

このマフラーをお勧めする最大の理由は、バッフルが脱着できるということである。
脱着ができるということは、音量調整をする余地があるということ。

弊社では、もともと入っているバッフルを消音加工するサービスを行っている。
これを施すことで、スクリーミンイーグルほどの音量にすることが可能。

baffle

そして作りはシンプルなので、バール等を使用すればバッフルの穴を広げて、後から音量を上げることが可能。
「音量が心配」という方は、こちらを選んでいただければ、音量が物足りない!となった場合でも、調整ができる。
これは、最初に購入するマフラーとしては、とても心強いポイントである。

おススメマフラー その2

KHROME WERKS スリップオンマフラー

krome-werks

こちらのメーカーは、低音で質の良い図太い音で人気のマフラー。
音量調整はRUSHほど柔軟ではないが、弊社オリジナルバッフルによる調整が可能。
価格も安く、しかも音が良いため、アメリカでも日本でも安定の人気を誇っている。

ノーマルより多少大きい音から試したい方にはRUSHがおススメ。

多少うるさくてもOKという方にはKHROME WERKSがおススメ。

 

インジェクションチューニング

お客様からよく聞かれる質問の一つに
「チューニングはしないといけないか?」という質問がある。
ネットで検索すれば、あらゆる情報が出てくるので、確かによくわからなくなってしまう。

やはりチューニングはした方が良いが、レースに出たり、車両がもつ力を“最大限”出そうとするわけではないのなら、公道でできてしまう範囲のチューニングで十分。

「チューニングをすると愛車に何が起こるのか」
☑燃焼効率が上がるため、燃費が良くなる
☑低速トルクがUPする
☑高速走行時の伸びが変わる
☑図太い迫力のある音になる
☑アイドリングを落とすことで、アイドリング時のハーレーらしい音を楽しめる
☑熱量が圧倒的に下がるので、オーバーヒートや各部の消耗をできるだけ防ぐことができる
☑アフターの軽減、または解消ができる

所謂“3拍子”を出すためには、チューニング以外にもさまざまな細工をしなければならないので、ここでは触れない。
アイドリングを落としただけでは“3拍子”にはならないが、“ハーレーらしい音”にはなる。
※ちなみに、3拍子は昔の車両が生んだ副産物であり、現在のハーレーで再現することは明らかなデチューンになる。

チューニング

上の写真のように、インジェクションチューニングに使用するデバイスは数多く出ている。

どれを使ったらいい?とよくご相談を受けるが、弊社でお勧めしているのは↓↓


バンス&ハインズ FUELPAK FP3
fp3

FP3をおススメする理由

☑安い
☑スマホを使用して手軽にチューニングができる
☑アイドリングを800回転まで落とすことができる
☑ノーマルのデータもしっかりバックアップできる
☑機能はスーパーチューナーや、パワービジョン等の高価なものと同じ弊社、チューニングデバイスの中で、圧倒的に売れているFP3。

世界中で使用されており、有名メーカーが出しているということもあり、安心感抜群。安いからと言って機能面で落ちるということは一切なく、スーパーチューナー(純正のチューニングデバイス)とできることは同じ。
しかも、手軽に調整ができる「オートチューン機能」というものがあるため、詳しくない方でも比較的簡単にチューニングが可能。

エアクリーナー

マフラー交換、インジェクションチューニングをすると同時に、直接“音”とは関係ないが、エアクリーナー交換もおススメしたい。

音量が上がるマフラーに交換するということは、“吐く量が多くなる”ということ。
それに対しノーマルのエアクリーナーでは吸う量が足りないので、もっと吸うようにしてあげることで、車両のパワーを、より上げたり、本来車両が持っている力を引き出すことができる。
抜けの良いマフラーに交換し、インジェクションチューニングをするのであれば、エアクリーナーも同時に交換したい。

スポーツスターは昔から、コンパクトにまとめていくのが王道。
吸気効率を良くしつつ、野暮ったいノーマルエアクリーナーをコンパクトなものに交換することをお勧めしたい。

スポーツスター おススメエアクリーナー

S&S エアクリーナー

ss

JOKER MACHINE エアクリーナー

joker

ROUGH CRAFTS エアクリーナー

rough

 

ここまでの3ステップは、できるだけ最初にカスタムしたいポイントである。